スキップ・ビート!

幼なじみの若手人気ミュージシャン不破尚に手酷い裏切りを受けた少女最上キョーコは、尚に復讐するため芸能界入りを決意する。演技という仕事の奥深さに次第に魅せられてゆくキョーコが、芸能界の中でステップアップしていく姿を描く。復讐心というネガティヴな感情で突き進むキョーコの姿を生き生きと魅力的に描き、人気を博す。美形男子も多数登場し、物語を華やかに彩っている。長期連載となる作者の代表作。

正式名称
スキップ・ビート!
作者
ジャンル
俳優・女優
 
恋愛
レーベル
花とゆめCOMICS(白泉社)
巻数
既刊40巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

少女最上キョーコは、幼なじみの歌手志望・不破尚の生活を支えるために高校も行かずアルバイトに明け暮れる毎日を送っていた。しかし、プロデビューを果たし人気を博した尚はキョーコを家政婦代わりとしていたことを告げ、あっさりと捨て去った。人生の目標を見失ったキョーコは尚への復讐を心に誓い、大手芸能事務所LMEのオーディションに挑戦し、何とか事務所に所属することになる。

天性の演技の才能を駆使して難関を乗り越えてゆきながら、キョーコは芸能界の階段を少しずつ上ってゆく。

登場人物・キャラクター

最上 キョーコ

16歳のショートヘア・茶髪の少女。思い込んだらまっすぐで根性がある。物事に真剣に向き合う性質。幼なじみの不破尚が中学卒業と同時に芸能界入りをしたのに合わせ一緒に上京した。高校にも通わず尚の生活を支えていたが、家政婦代わりに使われていたことを知り、尚とは決別する。尚への復讐を誓い、芸能界に入る。 小さな頃から尚の実家の旅館で働いていたので、板前の技術や礼儀作法が身に着いている。複雑な生い立ちの影響で、純真な性格だが暗黒面も併せ持ち、しばしばネガティヴな考えに陥り、他人に対して怨霊を飛ばすことも。当初は尚への復讐だけが目的だったが、芸能事務所LMEへ入り、トップ俳優敦賀蓮の仕事ぶりを間近に見たり、自らも難関を乗り越えたりしてゆく間に、純粋に演技することへの喜びを感じられるように成長してゆく。 すっぴんは地味だが、化粧をすると鮮烈な美人と化す。本人に自覚はないが、天才的な演技の才能を持っている。芸名は「京子」。

不破 尚

金髪で容姿端麗な青年。17歳。身長177.8cm。京都の老舗旅館の一人息子だが家を継ぐ気はなく、上京してプロデビューしたビジュアル系ミュージシャン。芸能事務所アカトキ・エージェンシー所属。身の回りの世話をしてくれていた幼なじみの最上キョーコを捨てた。自己中心的でわがままな性格だが音楽の才能は本物で、デビュー曲からチャート1位を獲得した。 芸能界トップ人気の俳優敦賀蓮に対し、一方的にライバル心を燃やしている。女性関係にルーズで、マネージャーや仕事相手など様々な女性に手を出しているようである。甘い味付けの玉子焼きは嫌い。プロモーションビデオ撮影の現場で女優となったキョーコと再会を果たし、彼女の自分への強い復讐の念を知ることとなる。

敦賀 蓮

端正な顔立ちの青年。20歳。身長190cmで脚も長い。芸能界トップの俳優。芸能事務所LME所属。俳優という仕事を強烈に愛し、演技に真剣に向き合う姿勢を持つ。仕事を完璧に進めるため共演者にも真摯に接するので、男女問わず多くの同業者から尊敬と敬愛の眼差しを受けている。 ただし仕事以外は疎かにしがちな面もある。芸能界入りの動機が「復讐」だと言う最上キョーコのことを、芸能人にふさわしくないと最初は考えていたが、彼女の必死ながんばりと成長を近くで見続けるうちに評価を変える。おっちょこちょいだが明るくまっすぐなキョーコに影響され、自身の氷のような内面も少しずつ変化してゆく。

琴南 奏江

黒髪の長髪が特徴的な、大人びた顔つきの少女。17歳。トップ女優を目指している。群れることを嫌い、一匹狼でプライドが高い。最上キョーコと同じ回に芸能事務所LMEのオーディションを受けた。その時は驚異的記憶力と高レベルの演技でキョーコを圧倒した。しかしその後、演技に心が入っていないことを社長のローリィ宝田に見抜かれ、ラブミー部へと配属される。 ラブミー部としてキョーコとペアで仕事をするのを最初は屈辱に感じていたが、キョーコの臨機応変な才能と不屈の闘志に接するうち彼女を見直すようになり、親友となる。初対面の時に「もー!」と怒鳴っていたので、キョーコからは「モー子さん」と呼ばれている。 実家は大家族で、家計を支えるために秘密のアルバイトにも従事している。

芸能事務所LME所属の3人組マルチタレントユニット「ブリッジ・ロック」が司会のバラエティTV番組のマスコットキャラクター。大きなニワトリの着ぐるみで、人が中に入って演じる。番組見学に来ていたLMEの新人最上キョーコが急遽代役として中に入る羽目になった。 番組ゲストがキョーコの復讐相手のミュージシャン不破尚だったため、坊の中に入ったキョーコは暴走して番組をメチャクチャにしてしまう。クビを覚悟したが視聴者からの受けは良く、以後レギュラーとしてキョーコは坊の中の役を務め続けている。番組収録後に偶然、坊の着ぐるみ姿のままで、人気俳優敦賀蓮の悩みを解決したことがあり、その後、着ぐるみのまま敦賀の他人には明かさない悩みを聞く立場となった。 敦賀には着ぐるみの中が事務所の後輩のキョーコだとは気付かれていない。

松内 瑠璃子

芸能事務所LME所属のアイドル歌手。「日本最後のアイドル」のキャッチフレーズで売り出している。実際の性格はわがままで傲慢。気まぐれで周囲のスタッフを困らせることも多い。映画の撮影で素人同然の最上キョーコと競わされたことに怒りを燃やすが、キョーコの必死の演技を見るうち、デビュー直後のひたむきだった自分を思い出し、仕事への情熱を取り戻した。

宝田 マリア

芸能事務所LME社長・ローリィ宝田の孫娘。7歳。ふわふわの長い髪を大きなリボンでまとめ、全身フリルのついたかわいい服を着ている。人気俳優敦賀蓮に熱烈な恋心を抱き、「蓮様」と呼んで慕っている。世界的モデルで多忙だった母親は、せめて誕生日は一緒に過ごしたいという娘マリアの願いをきいて帰国しようとした途中、飛行機事故により亡くなってしまった。 この悲劇によりマリアは心に傷を負い、父親との間にも深い亀裂を残した。可憐な外見に反してシニカルで現実的な性格。社長の孫娘という自分に媚びへつらう大人が多い中、本音をぶつけてきた最上キョーコに対して好意を持ち、「お姉様」と呼んで慕う。

高園寺 絵梨花

日本有数の大企業・高園寺グループのお嬢様。17歳。趣味は乗馬と海外旅行。特技はクラシックバレエ。新人女優琴南奏江とは小学校からの同級生。小3の時に奏江にクラス演劇の主役の座をさらわれて以降、怨みの念を持ち、金に糸目をつけず奏江が演劇へ進む道を妨害し続けてきた。 CMタレントのオーディションで奏江と再会し、お得意の買収工作などで奏江を潰そうとするが、正々堂々と演技する奏江とキョーコペアの前に敗北。財力に頼らず己の実力で演技することの大切さに気付かされる。

七倉 美森

長いストレートの黒髪が特徴的な、売出し中の新人アイドル。15歳。Eカップの巨乳。芸能事務所アカトキ・エージェンシー所属。最上キョーコが編入した高校の芸能クラスでの同級生。キョーコは所属する芸能事務所LMEのコネで仕事を得ていると思い込み、学校で何かにつけてイチャモンをつけからんでくる。 同じ事務所の新進人気ミュージシャン不破尚のことを慕っているが、尚からは「ポチリ」と犬のように呼ばれており、異性として意識されていない。尚と過去に因縁のありそうなキョーコを嫉妬し敵視するが、共演したプロモーションビデオ撮影の現場では、キョーコの鬼気迫る演技力に舌を巻いた。

上杉 飛鷹

祖父から三代に渡る大物芸能人一家の血を引く子役の小学生男子。2歳でデビューしたので、現在11歳にして芸歴9年目。自らの家系を鼻にかけ、気に入らない共演者にはすぐ「再起不能だ!」と脅しをかける。共演した新人女優琴南奏江が自分のことを子ども扱いしなかった事に好感を持ったが、その後誤解から奏江を憎むようになり、反抗的な態度を取って奏江を悩ませる。

緒方 啓文

若手のTVドラマ監督。見た目は透き通るような肌を持つ清楚な男性。20年前に大ヒットした伝説のTVドラマ「月籠り」のリメイク「DARK MOON」を監督する。「月籠り」の監督・伊達大尊は実の父親。偉大な父親の存在がコンプレックスとなっている。親の七光りと言われないように伊達啓文から緒方啓文へ改名し撮影に臨むが、周囲からはやはり親のコネだと陰口を叩かれ、プレッシャーに押しつぶされそうになる。 撮影中に倒れるなどドラマの完成も危ぶまれたが、新人女優最上キョーコが本郷未緒役を独自の新解釈で演じたことに刺激を受け、親の呪縛から解き放たれた自分ならではの「DARK MOON」を制作する。

飯塚 寛子

ベテラン女優。20年前に大ヒットした伝説のTVドラマ「月籠り」において敵役の本郷未緒役を演じていた。リメイク版のTVドラマ「DARK MOON」には未緒の母親役で出演している。自分のキャリアの原点となった本郷未緒役に深い愛着を抱いているので、「DARK MOON」で未緒役を演じる新人女優最上キョーコに対して、厳しいダメ出しをする。 「DARK MOON」の企画自体に懐疑的で、伊達監督や若い俳優陣への不信感を募らせている。

集団・組織

LME

『スキップ・ビート!』に登場する組織。正式名称はLME芸能プロダクション。日本芸能界最大手の芸能事務所。アカトキ・エージェンシーとはライバル関係。社長は業界内でも奇人として有名なローリィ宝田。彼は身長180cmを超える長身で、リーゼントスタイルに口ひげをたくわえたダンディな中年男性。 常にど派手なファッションに身を包み、馬に乗り楽隊を率いて撮影現場入りするなどエキセントリックな行動をとるが、タレントの資質を見抜く目は確かなもの。最上キョーコの素質に注目したものの、彼女が復讐心に突き動かされていることを案じて、愛の大切さを実感させるためラブミー部へ所属させた。所属の人気俳優敦賀蓮が恋愛経験に乏しく「愛」の演技が未熟であるという弱点も見抜いている。

ラブミー部

『スキップ・ビート!』に登場する組織。芸能事務所LMEの中に社長のローリィ宝田自らが新設した部門。「私を愛して」というその名の通り、この部に入った人間は、常に人に愛されるような心のこもった仕事をしなければならない。荷物運びから掃除からあらゆる雑用をこなす必要がある。努力に応じてスタンプをもらえて、ポイントを貯めるとメジャーデビューできる仕組み。 制服は左胸と背中に大きく「LOVE MEプリント」の付いた派手なピンク色の作業着。演技力は高いが人を愛する心に欠けていると判断された最上キョーコと琴南奏江はこの部に所属させられ、奮闘することとなる。

アニメ

スキップ・ビート

学校にも通わずバイト三昧の日々を送る少女・最上キョーコ。実は彼女は売り出し中のイケメンアーティスト不破尚の幼なじみで、一緒に家出してきた彼を全身全霊で支えていたのだ。だが、尚は自身の成功が約束されると... 関連ページ:スキップ・ビート

書誌情報

スキップ・ビート! 既刊40巻 〈花とゆめCOMICS〉 連載中

第1巻

(2002年7月発行、 978-4592178217)

第2巻

(2002年11月発行、 978-4592178224)

第3巻

(2003年3月発行、 978-4592178231)

第4巻

(2003年7月発行、 978-4592178248)

第5巻

(2003年10月発行、 978-4592178255)

第6巻

(2004年2月発行、 978-4592178262)

第7巻

(2004年7月発行、 978-4592178279)

第8巻

(2004年10月発行、 978-4592178286)

第9巻

(2005年2月発行、 978-4592178293)

第10巻

(2005年6月発行、 978-4592178309)

第11巻

(2005年10月発行、 978-4592178316)

第12巻

(2006年2月発行、 978-4592178323)

第13巻

(2006年6月発行、 978-4592178330)

第14巻

(2006年10月発行、 978-4592178347)

第15巻

(2007年2月発行、 978-4592178354)

第16巻

(2007年6月発行、 978-4592178361)

第17巻

(2007年10月発行、 978-4592178378)

第18巻

(2008年2月発行、 978-4592178385)

第19巻

(2008年7月発行、 978-4592178392)

第20巻

(2008年10月発行、 978-4592178408)

第21巻

(2009年2月発行、 978-4592186113)

第22巻

(2009年6月発行、 978-4592186120)

第23巻

(2009年10月発行、 978-4592186137)

第24巻

(2010年2月発行、 978-4592186144)

第25巻

(2010年6月発行、 978-4592186151)

第26巻

(2010年10月発行、 978-4592186168)

第27巻

(2011年2月発行、 978-4592186175)

第28巻

(2011年6月発行、 978-4592186182)

第29巻

(2011年11月発行、 978-4592186199)

第30巻

(2012年3月発行、 978-4592186205)

第31巻

(2012年9月発行、 978-4592194910)

第32巻

(2013年3月発行、 978-4592194927)

第33巻

(2013年9月発行、 978-4592194934)

第34巻

(2014年3月発行、 978-4592194941)

第35巻

(2014年9月19日発行、 978-4592194958)

第36巻

(2015年3月20日発行、 978-4592194965)

第37巻

(2015年9月18日発行、 978-4592194972)

第38巻

(2016年3月18日発行、 978-4592194989)

第39巻

(2016年9月20日発行、 978-4592194996)

第40巻

(2017年3月20日発行、 978-4592195009)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo