ステイン・フォシュバーグ

ステイン・フォシュバーグ

ANIMAL X(漫画)の作品登場人物。

登場作品
ANIMAL X(漫画)
正式名称
ステイン・フォシュバーグ
ふりがな
すていんふぉしゅばーぐ
関連商品
Amazon 楽天

概要

中年の男性。対ダイナソーロイドの特殊部隊、BAMのメンバーの産みの親でもある。人間にダイナソーロイドの血清を与える事で人を強化できると考え、瀕死状態に陥った警官に対して生検実験し、彼らをBAMとして組織した。人間に興味は抱いておらず、人間以上の存在になれるマテリアルを手に入れる事ができたと、サマリー症候群のワクチンを独占している。

しかし、かつての教え子のグエン・バン・ミンに研究実績であっという間に上回られ、功名に焦るあまり、をさらってサマリー症候群の血清、クレアシオンを独占しようとしてケイス・フィギスに射殺される。

登場作品

ANIMAL X

謎の伝染病が流行し、世界の人口は減り続けていた。そんな中、人類とは異なる進化を辿ったダイナソーロイドの少年と、新薬の治験と騙されて、ダイナソーロイドとの生殖が可能な両性体に身体を作り変えられてしまった... 関連ページ:ANIMAL X

SHARE
EC
Amazon
logo