セイラ・マス

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(漫画)の登場人物。別称、アルティシア・ソム・ダイクン。シャア・アズナブルとは親族関係にある。

  • セイラ・マス
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
機動戦士ガンダム THE ORIGIN(漫画)
正式名称
セイラ・マス
ふりがな
せいらます
別称
アルティシア・ソム・ダイクン
別称
セイラ

総合スレッド

セイラ・マス(機動戦士ガンダム THE ORIGIN)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

新着関連ガイド

『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』とNoritakeのコラボ! シャア&セイラやザビ家など18人が集合したイラスト入りプレート登場!
マンガペディア公式 2016.05.23 14:54

概要

本名アルテイシア・ソム・ダイクン。ムンゾ自治共和国議長ジオン・ズム・ダイクンの娘。シャア・アズナブルことキャスバル・レム・ダイクンの妹。父親が暗殺された後、ザビ家の迫害を受け兄とともに地球へ逃亡。テアボロ・マスの養子となり、セイラ・マスと名を変える。

その後、サイド5テキサス・コロニーに移住するが、兄は打倒ザビ家を誓い出奔。離ればなれとなる。義理の父親が死去した後、サイド7に移住。医者志望の彼女は医療ボランティアとして働いた。しかし、兄シャア・アズナブル少佐率いる部隊の攻撃でサイド7は壊滅し、強襲揚陸艦ホワイトベースに避難。

その後乗組員となる。地球連邦軍本部ジャブローで地球連邦軍に正式所属した際の階級は曹長。金髪の美少女だが理知的でクールな印象を与えるため、男性クルーはやや近寄りがたい印象を持っている。兄シャア・アズナブルとは宇宙要塞ルナツーで遭遇したが、この時はまだ兄であるとの確信は持てなかった。

その後ジャブローで再会。会話によって兄であることを確認する。セイラ・マスは当初通信担当であったが、適性が認められ、オデッサの戦い直前にコア・ファイターのパイロットとなった。その後、宇宙要塞ア・バオア・クー攻略戦では、増加装甲タイプのジムで出撃。モビルアーマー・ブロウ・ブロ一機を破壊したが、同時に自機も大破させた。

コアパーツで脱出した彼女はア・バオア・クーに突入し、ジオン軍の捕虜となったが、そこで自身がジオン・ズム・ダイクンの遺児であることを明かした。結果、一部の兵たちがこれに呼応し、彼女を担ぎ上げることでギレン・ザビ総帥を殺害したキシリア・ザビ少将の対抗勢力となった。

このためキシリア・ザビはア・バオア・クーを掌握することができず、撤退を余儀なくされた。彼女の勇気ある行動が地球連邦軍を勝利に導き、戦争を終結させるきっかけとなったのである。

登場人物・キャラクター

「シャア・セイラ編」「開戦編」「ルウム編」の主人公。「赤い彗星」の異名を持つジオン軍のエースパイロット。ジオン軍でもっとも古くからのモビルスーツ・パイロットのひとりであり、その愛機はザク、ザクⅡ、ズゴ...

登場作品

人類が、増えすぎた人口を地球の周りの数百基の巨大なスペースコロニーに移住させるようになり、すでに半世紀がたっていた。宇宙世紀0079年、地球から最も遠い宇宙都市、サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦...