ソラニン

大学を卒業し、社会人になりたての軽音楽部の面々。バンドをやりたい、でも仕事は続けなければいけない。大人になる窮屈さの中で大人になりきれず、最後の青春を必死に燃やそうとする、音楽物語。2009年にはアイズナー賞候補に選ばれている。

正式名称
ソラニン
作者
ジャンル
バンド
レーベル
ヤングサンデーコミックス(小学館)
巻数
全2巻
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ 

第1巻

井上芽衣子は、東京でOLとして地味な毎日を送っていた。日々の繰り返しに疲れ始めた頃、同棲している彼氏の種田成男の後押しもあり、ある日会社を辞める。そんな時、芽衣子は友達の小谷アイから、種田にどうしてほしいのか真剣に話すべきだと勧められる。そこで芽衣子は、種田に本当は音楽をやりたいのではないかと聞いてみる。芽衣子に問われた事で、種田はもう一度真剣にバンド活動を開始。種田は「ソラニン」という曲を完成させ、デモCDを各レコード会社やライブハウスに送る。すると一社だけ反応があり、種田達は緊張しながらもレコード会社に赴く。しかし、それはバンドとしての活動ではなく、アイドルのバックバンドの誘いだった。種田達が思い描いていたものとはまったく異なる活動内容に、いっしょについて来ていた芽衣子は怒ってその話を断る。その後、どの会社からも連絡がなかった事で、種田はバンド活動をあきらめる。種田はもといたデザイン会社でもう一度働き始め、芽衣子や友達がいる事が幸せだと自分に言い聞かせ、普通の暮らしに戻る事を決める。しかし本当にそれで幸せなのかという、自問自答は消える事はなかった。

第2巻

種田成男は乗っていた原付で事故を起こし亡くなってしまう。種田の死から2か月が経ち、井上芽衣子は商店街の花屋でアルバイトを始めていた。一見明るく振る舞う芽衣子だが、種田がいなくなってしまった事にひどく落ち込む毎日を送っていた。そんな時、芽衣子のもとを、種田の父親が訪れる。穏やかな雰囲気の種田の父親に、芽衣子は種田の面影を見る。種田の父親から、種田の事を忘れないであげてほしいと言われ、種田がこの世界にいた事を証明したいと考えた芽衣子は、バンドを始めようと思い立つ。こうして、芽衣子の友達で、種田のバンド仲間でもあった加藤賢一山田二郎を加え、三人でのバンド活動が始まる。そんな中、芽衣子達は、1か月後に行われるライブイベントに出場する機会を得る。芽衣子は加藤と山田に教わりながら、必死にギターを覚え、やがて迎えたライブ当日、種田が作った曲「ソラニン」を熱唱する。

登場人物・キャラクター

東京の機器メーカーに務めるOL。種田成男とは同棲をしていた。ある日、社会や大人に対しての限界を感じていたところ、種田成男の後押しで仕事をやめてしまう。実家は秋田の農家で、普段から山ほど野菜を送ってくる... 関連ページ:井上 芽衣子

福岡から上京してきて、井上芽衣子と同棲していた。デザイン事務所で下請けをしており、忙しい単純作業の仕事の合間にバンドのギター練習をし続けていた。楽観的ではあるが、決断するとすぐに行動できる男性で、井上... 関連ページ:種田 成男

大学6年生。ベースをこよなく愛しており、アダ名は「デブ」。一応自分でも太っている容姿は気にしている。脳天気に明るい部分があり、いまだ大人になりきれていない部分が他のメンバーより多い。小谷アイに何度もア... 関連ページ:加藤 賢一

山田 二郎

実家の薬局で働いている。アダ名は「ビリー」。革ジャンに髭面でバイクを乗り回す、とっぽい男性。メンバーが集まると真っ先にバカをやらかすのが定番の人物。井上芽衣子の心の傷に対しては非常に優しい。ふざけている事が多いものの、演奏になると真剣な眼差しになる。バンドではドラム担当。

小谷 アイ

加藤賢一の彼女。何度もアタックしてきた加藤を振り続けてきたが、4年たって付き合うようになった。豪快な性格の持ち主。井上芽衣子とは非常に懇意で、たびたび相談相手になっている。

鮎川 律子

加藤賢一に話しかけてきた後輩。たくさんの人に自分の歌を聴いてほしいと考えて、何度か相談をする。レコード会社のオーディションで入賞する。

冴木 隆太郎

レコード会社の新人開発部で働いており、デモCDを送った種田成男に、新人アイドルのバックバンドになってくれと話を持ちかける。種田成男には解散したバンド「QOONELDAS」のメンバーだと見ぬかれ、叱咤される。その後彼は業種を変え、井上芽衣子たちと出会うことになる。

芽衣子の母

秋田在住。いつも東京に住む井上芽衣子に、野菜を大量に送りつける。仕事を辞めた芽衣子を怒鳴る。同棲している種田成男には、「よろしくお願いします」と頭を下げる。

種田成男の葬儀のあとに、荷物を取りに来た。種田成男がバイトしながら東京で音楽をやると言った時に大げんかをし、大学卒業してそれでも音楽をやりたいならやれ、ただし絶対逃げ出すな、と言ったことがある。種田成... 関連ページ:種田の父

大橋

井上芽衣子が新たに始めたバイトの花屋の青年。18歳。井上芽衣子のことが好きで、いつもまっすぐに励まそうとしている。

書誌情報

ソラニン 全2巻 小学館〈ヤングサンデーコミックス〉 完結

第1巻

(2006年1月発行、 978-4091533210)

第2巻

(2006年6月発行、 978-4091510761)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo