デュ・バリー夫人

ベルサイユのばら(漫画)の登場人物。読みは「でゅ・ばりーふじん」。ジャルジェ夫人とはライバル関係。

  • デュ・バリー夫人
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ベルサイユのばら(漫画)
正式名称
デュ・バリー夫人
ふりがな
でゅ・ばりーふじん

総合スレッド

デュ・バリー夫人(ベルサイユのばら)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

『ベルサイユのばら』の登場人物で、ルイ15世の愛妾。もとは下級階層の生まれで、下町で娼婦をしていた。ルイ15世の愛妾として権力を利用し贅沢な生活を送っていたがアントワネットと対立し、その地位を脅かされる。ルイ15世の危篤に伴い、司祭の命により宮廷から追放され、後に国家の囚人としてポン・トーダムの修道院に入ることとなる。

歴史上の実在人物デュ・バリーがモデルとなっている。

登場人物・キャラクター

『ベルサイユのばら』の登場人物で、ルイ16世の祖父。女好きで多くの愛人を作る。アントワネットと愛妾デュ・バリー夫人との対立に頭を痛めている。その後天然痘で崩御する。歴史上の実在人物ルイ15世がモデルと...
『ベルサイユのばら』の登場人物でオスカルの母。物静かで優しい心の持ち主。アントワネットが、おば達にそそのかされ、彼女をアントワネットの首席侍女としたことでデュ・バリー夫人の怒りを買い、毒殺の罠にかけら...
フランス国王ルイ16世の王妃。オーストリアの女帝マリア・テレジアの第9子として生まれ、14歳でフランスへ嫁ぎ、2男1女をもうけた。美しく人を引きつける魅力を持つ。オスカルを信頼し、良き親友のような信頼...

登場作品

作品誕生のいきさつ『ベルサイユのばら』を描くきっかけとなったのは、作者・池田理代子が、高校時代にオーストリア人作家シュテファン・ツヴァイクの書いた評伝『マリー・アントワネット』を読んだことにある。この...