ドモチェフスキー

BLAME!(漫画)の登場人物。珪素生物とはライバル関係。

  • ドモチェフスキー
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
BLAME!(漫画)
正式名称
ドモチェフスキー

総合スレッド

ドモチェフスキー(BLAME!)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

非公式超構造体珪素生物の侵略を受けたため、緊急システムにより「作出」された臨時セーフガード。数百年にわたり戦い続けている。珪素生物を束ねるダフィネ・ル・リンベガを殺して階層を安全にするのが目的。通常のセーフガードと異なり、ネット端末遺伝子を持たない人間も保護する。

最後はダフィネ・ル・リンベガシボのハッキングにより「作出」されたレベル9の最上位セーフガードユニットに破壊された。

登場人物・キャラクター

非公式超構造体を侵略した珪素生物の1人。非公式超構造体でのみ可能な「仮接続」を通じて、ネットスフィアへの侵入を図る。ドモチェフスキー、イコと戦っている。ハッキングを拒んだネットスフィアによって生命を絶...

関連キーワード

『BLAME!』に登場するシステム。ネット端末遺伝子を持たない人間を駆除する。ネットスフィアの一部だが独立しており、統治局は干渉できない。駆除系と呼ばれる人型の物体などをネットスフィアから基底現実へ作...
『BLAME!』の登場する種族。人型をした別種の生物。人間とも会話可能。種族の存続にはネットがカオス状態であることが必要であり、ネット端末遺伝子を持つ人間によるネットスフィアの機能回復を阻止しようとす...

登場作品

巨大な都市空間・超構造体(メガストラクチャー)が果てしなく垂直に積み重なる形で構成された世界。現実世界は基底現実と呼ばれ、かつてネットスフィアという仮想現実によって管理されていた。だが「厄災」の後、こ...