ハルキの母親

ハルキの母親

誰も寝てはならぬ(漫画)の登場人物。読みは「はるきのははおや」。ハルキちゃんとは親族関係にある。

登場作品
誰も寝てはならぬ(漫画)
正式名称
ハルキの母親
ふりがな
はるきのははおや
関連商品
Amazon 楽天

概要

ハルキちゃん(大路春樹)の母親で、大阪在住。編み物がうまく、近所の主婦などを集め、家で編み物教室を主宰している。自称「オージニッティングアカデミー校長」で、名刺も持ち歩いている。たまに上京してきてハルキの生活に文句をつける。

関連人物・キャラクター

ハルキちゃん

オフィス寺に所属するイラストレーター。グラフィック・デザイナーの仕事もする。年齢は40歳前後。日本画のテイストを取り入れたイラストで知られ、有名な賞もいくつか受賞している。大阪キタ生まれの大阪キタ育ち... 関連ページ:ハルキちゃん

登場作品

誰も寝てはならぬ

イラストレーター大路春樹は友人の川村五郎が経営する赤坂のデザイン事務所オフィス寺に所属している。オフィス寺には山田夏男らさまざまな人々が出入りするが、ひと癖もふた癖もある人ばかり。アラフォー男二人と周... 関連ページ:誰も寝てはならぬ

SHARE
EC
Amazon
logo