バジル氏の優雅な生活

バジル氏の優雅な生活

19世紀の英国を舞台に、プレイボーイの貴族が社交界や街で起こるさまざまな騒動に首を突っ込む物語。

概要

時は19世紀のロンドン。バジル・ウォーレン卿は英国社交界一のプレイボーイと呼ばれている。好奇心旺盛で、困っている人を放っておけない性分のバジル・ウォーレン卿は、ある日、街で人身売買されそうになり逃げてきた少年ルイ・ラトゥールと出会う。追っ手に捕まりそうになったルイ・ラトゥールを間一髪で助け、家へと連れて帰るが、フランス人のルイ・ラトゥールは英語が喋れなかった。

登場人物・キャラクター

主人公

19世紀の英国ロンドンに暮らす貴族の男性。英国社交界一のプレイボーイで、スキャンダル・メーカー。面白いことが大好きで、周囲には様々な人が集う。困っている人を見ると、手を差しのべたくなる性分。とくに恋愛... 関連ページ:バジル・ウォーレン卿

バジル・ウォーレン卿の屋敷で召使いとして働くフランス人の少年。両親と死に別れ伯父に引き取られるが、船乗りに売られイギリスにやってきた。逃げたところをバジル・ウォーレン卿に助けられる。最初は言葉が解らな... 関連ページ:ルイ・ラトゥール

バジル・ウォーレン卿の屋敷の執事。バジル・ウォーレン卿が子どもの頃から面倒を見ている。優しく、頼りになる存在。 関連ページ:アダムス

主人公バジル・ウォーレン卿の友人。政治家で議員を務める。真面目で頭が固く、正義感が強い。理想が大きいが、いつもカラ回りしている。熱くなると大きな声を出す。父親のウォールワース総監に自分のことを認めても... 関連ページ:ウォールワース卿

ウォールワ―ス卿の父で警視総監。バジル・ウォーレン卿とは一緒に食事するなど親しい仲。息子ウォールワ―ス卿のことを出来が悪いと思っている。頑固なところがある。趣味は釣り。 関連ページ:ウォールワース総監

主人公バジル・ウォーレン卿の友人の画家。貧乏暮らしをしている。とても人が良く、騙されやすい性格。スケート場で見かけたリリア・ローズ・キャバリスに恋をし、結婚する。眼鏡がトレードマーク。 関連ページ:ハリー・ネクローファー

画家のハリー・ネクローファーと恋に落ち結婚する、心優しい女性。元は貴族の娘だが、結婚後は小さな家に住み倹約家となる。 関連ページ:リリア・ローズ・キャバリス

画家のハリー・ネクローファーのモデルをしている女性。金持ちの男友達が多い。ハリー・ネクローファーのことを密かに想い、良き理解者でもある。 関連ページ:レイチェル

詐欺師の男性でハリー・ネクローファーを騙す。女装したところ、画家のハリー・ネクローファーから、絵のモデルになって欲しいと頼まれる。バジル・ウォーレン卿からは、正体が男であることを簡単に見破られた。モデ... 関連ページ:アーサー・ミドルトン

バジル・ウォーレン卿と親しい医者。バジル・ウォーレン卿がケガをしたときに治療した。N&Eクラブの会員で、一時クラブに入り浸り家に帰らなかった。 関連ページ:オーソン卿

バジル・ウォーレン卿の友人の女性。貴族でありながら社交界には出ず、発掘作業や月蝕観察などに夢中になっている。好奇心と冒険心に溢れ、変人と呼ばれている。バジル・ウォーレン卿が求婚しようと思っていたが、別... 関連ページ:ビクトリア・ランバイン

下町に住む女性。かつてはスリや詐欺や盗みなどをし、監獄にも入っていたこともあったが、今は更生してパブ山鹿亭で働いている。心優しく、男まさりで活発。ウォールワ―ス卿から求婚され、一度は身分の違いから断る... 関連ページ:ジェニファ・クーパー

バジル・ウォーレン卿の古くからの知り合いで悪友の男性。雪深い田舎にある聖アントワーヌの館に盲目の犬と一緒に暮らしている。変わり者で、冗談が好き。 関連ページ:サザビー卿

気むずかし屋で、厳しい。バジル・ウォーレン卿の将来を憂い、7才の女の子と婚約させようとする。バジル・ウォーレン卿にとっては苦手な相手だが、唯一甘えることができる相手でもある。 関連ページ:バジルの叔母

集団・組織

N&Eクラブ

『バジル氏の優雅な生活』に登場する場所。人が集まって噂話に花を咲かせるスキャンダル愛好クラブでバジル・ウォーレン卿がクラブ会員となる。婦人禁制。 関連ページ:N&Eクラブ

場所

山鹿亭

『バジル氏の優雅な生活』に登場する場所。下町のサザックにあるパブで、ジェニファ・ランバインがメイドとして働いている。常連客は下町の住人たち。ウォールワース卿が時折訪れる。 関連ページ:山鹿亭

SHARE
EC
Amazon
logo