ヒューストンと女の子

ヒューストンと女の子

70年代を舞台に、小学生の野口悟と、東京から引っ越してきた宮下菊子の出会いを、流行だったゲイラカイトを小道具にして描くボーイ・ミーツ・ガールの読切作品。

正式名称
ヒューストンと女の子
作者
ジャンル
恋愛一般
 
ボーイ・ミーツ・ガール
レーベル
講談社BOX(講談社)
関連商品
Amazon 楽天

概要

3億円事件の時効が迫っていた1975年。流行りのゲイラカイトを欲しがるも買ってもらえない少年・野口悟は浜辺で、今日東京から引っ越してきたという少女・宮下菊子ゲイラカイトを揚げているところに出会う。菊子と友達になっただが、たまたま出くわした同級生の長谷川たちにからかわれた照れから菊子に心ない言葉を掛け、殴られてしまう。

は謝るために菊子の家を探しだし、菊子が窓から見えるようにゲイラカイトを揚げるのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

『ヒューストンと女の子』の主人公のひとり。小学6年生の男子。ゲイラカイトに憧れるが買ってもらえずにいる。いつも遊んでいる浜辺で宮下菊子と出会い、一緒に遊ぶようになるが、同級生の長谷川たちにその現場を見... 関連ページ:野口 悟

主人公

『ヒューストンと女の子』の主人公のひとり。野口悟の住む街に東京から引っ越してきた小学生の少女。街に新しくできたマンションに住んでいる。浜辺でゲイラカイトを揚げていたところ、悟と出会い、友達となる。 関連ページ:宮下 菊子

野口悟の同級生である小学6年生の男子。悟が宮下菊子と遊んでいるところに出くわし、悟のことをからかう。 関連ページ:長谷川

その他キーワード

ゲイラカイト

「ヒューストンからやってきた」がキャッチコピーの凧で、野口悟は憧れるも親に買ってもらえない。宮下菊子は「引っ越しの邪魔をしないように」という理由で買い与えられていた。 関連ページ:ゲイラカイト

SHARE
EC
Amazon
logo