フルーツバスケット

フルーツバスケット

母親を事故で亡くし、友人宅に居候する女子高生・本田透と、動物憑きの体質を持つ家族との交流を描く学園ラブコメ。

概要

母親を事故で亡くし住む場所を失った主人公・本田透は、同級生の草摩由希の分家宅に居候することになる。ところが草摩家の一族には、異性から抱きつかれると憑かれている獣へ変身してしまう、十二支の物の怪憑きという秘密があった。本田透は、草摩家との交流を深めるうちに、彼らを物の怪から解放したいと考えるようになる。

登場人物・キャラクター

主人公

海原高校に通う少女。幼いころに父親を亡くし、さらに高校生になってから母も事故で失った。その後同居することになった叔母一家と上手くいかず、テント生活をしているところを同級生の草摩由希に助けてもらう。草摩... 関連ページ:本田 透

海原高校に通う本田透の同級生で、行き場所を無くした彼女に住まいを提供する。十二支の頂点とされる鼠の物の怪が憑いている。成績優秀、容姿端麗であることから、学校内にファンクラブが作られるほど。しかし本人は... 関連ページ:草摩 由希

十二支から外された猫の物の怪憑きであることをコンプレックスに感じている。短気な性格で、本田透が草摩家に居候してきた当日に喧嘩をした。その後、自身も居候するようになり、海原高校に編入。本田透に対しても無... 関連ページ:草摩 夾

草摩 紫呉

本田透の居候先の主人で由希の従兄。職業は小説家で、主に純文学作品を執筆している。本名で執筆することもあれば、作品によってはペンネームを用いることもある。飄々とした性格を装っているが、本心を見せることはあまりない。戌の物の怪憑きである。「作家っぽいから」という理由で和服を着流している。

草摩 楽羅

本田透の2学年上の少女。猪の物の怪憑き。 普段は大人しい性格だが、興奮すると一転乱暴者に。草摩夾とは幼い頃からの付き合いで、姉のような存在。元々は十二支憑きの呪いを背負う自分よりも、草摩夾がより可哀想な存在だからという理由で近づいたが、いつしか好意を寄せるようになる。

草摩 紅葉

本田透より1歳下で、幼さが残る少年。ドイツ人と日本人のハーフで、ドイツ語を話せる。女の子のようにかわいい少年で、高校に入学したばかりのころは女子の制服を着用していた。元気でよく喋るが、調子に乗りやすいことが欠点。趣味はバイオリンで、将来はバイオリニストになることが目標。 兎の物の怪憑き。

草摩家専属の主治医。草摩家に代々伝わる「記憶の隠蔽術」を扱う人物で、物の怪の秘密を知った人間の記憶を封じる。龍の物の怪憑きだが、変身後の姿は龍ではなくタツノオトシゴ。その姿は自身のコンプレックスになっ... 関連ページ:草摩 はとり

草摩 綾女

草摩由希の兄だが、由希とまったく反対なにぎやかしい性格。弟のことを溺愛するものの、当の由希からは迷惑がられている。自己中心的な考えの持ち主だが、積極的な面もあり、高校時代は生徒会長を務めた。草摩はとりを尊敬しており、はとりの言うことだけは素直に聞く。服飾店「あやめ」の店長。 蛇の物の怪憑き。

草摩 杞紗

虎の物の怪憑きの少女で、髪も金髪に黒が混じった虎毛模様をしている。髪をはじめとした見た目が原因で学校で苛めに遭う。元来おとなしく無口な性格であったことも手伝って、ショックで誰とも話せなくなる。変身したまま衰弱していたところを草摩潑春に発見され、草摩家に連れて来られた。 草摩家では本田透を慕っている。

羊の物の怪憑き。十二支の物の怪憑きの中では最年少で、本田透より5歳年下。しかし毒舌家で、透を困らせることもある。言葉がきついことから、周囲の反感を買うこともしばしば。本人も自覚しているものの、なかなか... 関連ページ:草摩 燈路

私立大学に通う青年。相手を気遣うタイプだが、問題が起こるとすぐに自分が悪いと思ってしまうネガティブな性格。誰に対しても低姿勢で、時には度が過ぎて空回りした行動を起こすことも。落ち着くからという理由で女... 関連ページ:草摩 利津

草摩 依鈴

スタイルがよく、足にかかるほどのロングヘアが特徴の少女。作中では草摩慊人に髪の毛を切られ、途中からショートカットに変化する。両親から虐待され倒れているところを草摩潑春に助けられた。その後は草摩楽羅の家に引き取られるが、虐待を受けたトラウマの影響で心身ともに不安定で、入退院を繰り返す。 馬の物の怪憑き。

草摩 紅野

鶏の物の怪憑き。草摩家の当主・草摩慊人からは過保護ともとれるほど気に入られており、コンビニで買い物をした経験すらなかった。あるときから深夜にコンビニへ出かけるようになり、そこで出会った本田透の親友・魚谷ありさに恋をする。幼い頃から草摩紫呉を慕い、兄さんと呼ぶ。

草摩家の当主にして、十二支の物の怪憑きにとっての神といえる存在。母親の命令で男として育てられたが実は女性。その事実は草摩家の人物でも一部しか知らない。自分と十二支の物の怪憑きが呪いの力で結びついている... 関連ページ:草摩 慊人

草摩 籍真

草摩夾が尊敬する武術の師匠。母親が亡くなり、父親からも見捨てられた夾を養子として引き取る。夾のことを誰よりも理解し父親のように愛している。また、夾に好意を寄せる本田透のことも好ましく思っており、2人の関係を温かく見守る。料理が苦手で、たびたび失敗する。

魚谷 ありさ

本田透の親友の1人で、小学5年で暴走族デビューしたという過去を持つ。両親を亡くした透に対して親のように接する。180cmに届こうかという長身の持ち主で、透からはモデルに向いていると言われる。コンビニでレジ打ちのバイトをしていた時に草摩紅野と出会い、恋愛感情を抱く。

花島 咲

本田透の親友の1人。人や生き物の出す電波を感じられるという不思議な少女。この能力から、クラスメイトはもちろん草摩家からも注目される。しかし幼少期は能力のコントロールができず、周囲からは魔女と罵られていた。いつも無気力な態度で、勉強の成績も悪い。

草摩慊人の実の母親。子供の面倒を見ることはなく、また病弱なため、普段は奥の間にいる。草摩家では、慊人に次ぐ権力の持ち主。慊人との仲は悪く、話し合いを持ちかけられても拒否するほど。また、一部の十二支の物... 関連ページ:草摩 楝

草摩 晶

草摩慊人の実の父親で、草摩の前当主である。故人。生前は病弱で、医者からも短命であることを早くから告げられていた。草摩楝とは、周囲の反対を押し切る形で結婚。しかし、慊人が生まれてからは子供を優先的に愛するようになり、それがきっかけに楝の嫉妬心を生むこととなる。結局、死に至るまで楝と仲直りできなかった。

白木 繭子

海原高校に勤める教師で、本田透のクラスの担任。透が草摩家に居候していることを知る数少ない人物でもある。草摩はとりの元恋人である草摩佳菜とは大学時代からの親友で、さらにかつては草摩紫呉と付き合っていた過去も持つ。そのほか、草摩綾女とも知り合いである。 身長が高く、サバサバとした性格。

草摩 佳菜

かつては草摩家専属の主治医である草摩はとりの助手をしていた。当時ははとりと恋人同士であったものの、草摩慊人に暴力を振るわれたはとりが左目を失明すると、自分のせいだと思いつめてノイローゼを患う。その記憶をはとりが消してからは、別の男性と付き合い、結婚した。

海原高校に通う高校生で、生徒会の副会長を務める。常にハイテンションで、少々の問題でも強引に解決してしまう。しかし倉伎真知の父親が愛人に産ませた子どもであり、そのため、中学時代は家の跡継ぎ問題に巻き込ま... 関連ページ:真鍋 翔

海原高校に通う高校生で、生徒会で会計係を任されている。普段は無口だが、よく整理されているものを見ると、途端に破壊衝動に駆られる。草摩由希と出会ったことがきっかけで、裏表のある性格が徐々に治っていく。生... 関連ページ:倉伎 真知

藤堂 公

海原高校に通う高校生で、生徒会では書記を担当。ぶりっ子な性格で、男子生徒からの人気が高い反面、女子生徒からは嫌われており。草摩由希のファンクラブ・プリンス・ユキのメンバーに対して暴言を吐くことも。普段の生活では自身の性格をうまく隠しているが、真鍋翔には気付かれている。

海原高校に通う高校生で、生徒会では藤堂公と同じく書記を担当している。本田透の1学年下で、とても真面目な性格をしておりいい加減な真鍋翔のことを怒る場面も。その性格が仇となって、生徒会のメンバーからいじら... 関連ページ:桜木 直人

皆川 素子

海原高校に通う高校生で、草摩由希のファンクラブ・プリンス・ユキの会長として会員を束ねている。由希に真剣に恋しているが、思い詰めるあまり突飛な行動をとることも。由希と親しい本田透を敵視している。実家は八百屋で、自身の部屋はファンシーな装飾で統一。

本田 今日子

本田透の母親。故人。子供の頃は家庭環境に恵まれず、孤独な少女として成長。その後、伝説的なヤンキーになっていく。中学時代に教育実習生として赴任してきた本田勝也と出会い結婚。透が高校1年の時に交通事故に遭い亡くなる。生前は草摩由希、や草摩夾とも親交があった。

本田 勝也

本田透の父親。故人。本田今日子の通う中学校へ教育実習生として赴任したことがきっかけで今日子と知り合い、その後結婚する。自身は教師にはならず、薬品系の会社で働いていた。出張先で風邪をこじらせたことが原因で、若くして亡くなってしまう。敬語を使った喋り方をし、その特徴は娘の透に引き継がれた。

集団・組織

海原高校

『フルーツバスケット』に登場する高校。共学の都立高で、本田透や草摩由希が通っている。学業のレベルは高く、本田透は追いつくのに精一杯。校内には草摩由希が会長を務める生徒会が存在し、校則を厳しく取り締まる。また、草摩由希のファンクラブとしてプリンス・ユキも設立され、全女子生徒の半数が加入。

書誌情報

フルーツバスケット 全1巻 白泉社〈Hakusensha English comics〉 完結

第1巻

(2003年11月発行、 978-4592732150)

SHARE
EC
Amazon
logo