マジェント・マジェント

ジョジョの奇妙な冒険 Part 7 スティール・ボール・ラン(漫画)の登場人物。ジャイロ・ツェペリとはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ジョジョの奇妙な冒険 Part 7 スティール・ボール・ラン(漫画)
正式名称
マジェント・マジェント

総合スレッド

マジェント・マジェント(ジョジョの奇妙な冒険 Part 7 スティール・ボール・ラン)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

『ジョジョの奇妙な冒険 Part 7 スティール・ボール・ラン』に登場する敵スタンド使い。ウェカピポとコンビを組み、氷の海峡でジャイロ・ツェペリたちを襲撃した。自身の体を覆うようなタイプのスタンド「20th Century BOY」は、発動中は動けなくなるかわりに一切の攻撃を受けつけない、無敵の防御力を持つ。

しかし解除のタイミングを狙ったジャイロ・ツェペリの攻撃により敗北。そのまま極寒の地で死んだものと思われていたが生き延びており、自分を置き去りにしたウェカピポへの復讐を実行するためにディエゴ・ブランドーに協力する。しかしウェカピポを追い詰めるも、走行する馬車から水中へと転落。スタンドの能力で川底でも生存を続けるかわりに、解除すれば溺死する状況となる。

そして、いつかはディエゴ・ブランドーが助けに来ると願いながらも、そのまま考えることをやめてリタイアとなった。

登場人物・キャラクター

24歳。武器として2個の「鉄球」を使い、それに特殊な回転を与えることで様々な効果を生み出す技術を持つ。当初は出自が謎に包まれていたが、その正体はネアポリス王国の法務官であり、本名はユリウス・カエサル・...
ジャイロ・ツェペリとは異なる技術を持つ鉄球使い。ネアポリス王国の王族を警護する家系の生まれだが、国家の重要人物の関係者に嫁いだ妹がDVに苦しんでいたため、暴行を働く夫を決闘で排除。そのため祖国から追放...

登場作品

舞台となるのは1890年のアメリカ。元騎手であり、今は下半身不随となっているジョニィ・ジョースターは、北米大陸横断レース「スティール・ボール・ラン」のスタート地点を訪れていたが、参加者のひとりであるジ...