マロン・グラッセ・モンブラン

ベルサイユのばら(漫画)の登場人物。別称、ばあや。アンドレ・グランディエとは親族関係にある。

  • マロン・グラッセ・モンブラン
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ベルサイユのばら(漫画)
正式名称
マロン・グラッセ・モンブラン
別称
ばあや

総合スレッド

マロン・グラッセ・モンブラン(ベルサイユのばら)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

アンドレの母方の祖母でオスカルの祖母、ばあやと呼ばれている。心配性でオスカルを心から愛している。オスカルの父であるジャルジェ将軍がオスカルを男として育てようとするが、女性として生きることを望んでいる。フランス革命直前に病で倒れ、オスカルとアンドレが戦死して数日後、オスカルの肖像画家がプロポーズしようと部屋を訪れたが、既に息を引き取っていた。

登場人物・キャラクター

黒髪で黒い瞳を持つ。平民出身で、両親を亡くし祖母マロン・グラッセの働くジャルジェ伯爵家に引き取られ、その娘である主人公オスカルと出会う。オスカルの遊び相手兼護衛として育つが、やがてオスカルを愛するよう...
代々フランス王家の軍隊を統率してきたジャルジェ伯爵の6女(末娘)で、跡継ぎのいない伯爵家の後継者として、幼い頃から男性として育てられた男装の麗人。近衛士官として王妃アントワネットに仕える。スウェーデン...

登場作品

作品誕生のいきさつ『ベルサイユのばら』を描くきっかけとなったのは、作者・池田理代子が、高校時代にオーストリア人作家シュテファン・ツヴァイクの書いた評伝『マリー・アントワネット』を読んだことにある。この...