火の鳥 生命編

火の鳥 生命編

クローン技術が実用化されている未来。人々は立体テレビで放送される、クローン人間をハンティングする番組を楽しんでいた。生命をもてあそぶ社会を描くSF作品。

正式名称
火の鳥 生命編
作者
ジャンル
SF一般
関連商品
Amazon 楽天

概要

クローン技術が実用化されている未来。テレビ局のプロデューサー青居邦彦は、クローン人間をハンティングする番組を企画し、クローン製法の秘密を握ると言われるまじない師、に会うためアンデスの奥地へと向かう。だが、戻ってきたとき、彼は自分のクローンたち数十体と一緒だった。生命をもてあそぶ社会で、自らのあやまちをただそうと彼はクローン製造工場へ向かうのだった。

登場人物・キャラクター

青居 邦彦

視聴率のためなら手段を選ばない立体テレビのプロデューサー。視聴率アップの切り札として、人間のクローンを狩りの対象にするクローンマンハントを企画する。鳥によって自分のクローンが数十体が作られ、自らが企画したハンティング番組でハンターに追われる。

猿田

ペルーに帰化した日本人。悪性のできもので鼻は肥大化している。クローンでもとの姿の自分の作り、日本に残してきた恋人に引き合わせたいと考えていたが、鳥から与えられた試練で死んでしまう。

鳥と呼ばれるまじない師。空から降りてきた精霊(おそらく火の鳥)とケチュア族の青年との間に生まれた女。生まれながらにクローンを生み出す薬の製法を体得している。テレパシーで心を読む。

ジュネ

青居邦彦のクローンが逃げ込んだ老人ホームで出会った少女。サイボーグ手術でロボット化した祖母と暮らしていたが、祖母が死んで天涯孤独となり、青居邦彦とともに逃走し、北海道の原野で育つ。

院長

撃たれたジュネを青居邦彦がかつぎ込んだ病院の院長。青居邦彦がクローンマンハントの獲物だということに気づき撃とうとするが、ハンターでなければ賞金がもらえないとわかって断念した。

所長

クローン生物研究所の所長。クローン動物の製造は食糧危機をなくすためであり、人間のクローンを作ることは害あって益なしと青居邦彦の頼みを突っぱねる。

クローンライフ社社長

クローンマンハントのスポンサー。クローン技術を開発し、アンデスのクローン生物研究所の助けなしに人間のクローンを製造できるようになったことから、大量に青居邦彦のクローンを作り、クローン同士を戦わせる戦争番組を考える。

集団・組織

クローンライフ株式会社

『火の鳥 生命編』に登場する会社。クローン技術で作られるクローン食品のメーカー。青居邦彦が企画したクローン生物をハンティングする番組のスポンサー。

クローン生物研究所

『火の鳥 生命編』に登場する研究所。アンデスの山奥にある研究所。所員は猿田以外すべてインディオ。世界で唯一ほ乳類のクローンを作る技術を持つ。アンデスの奥地に逃げ込んだインカ人が、食うや食わずの生活から生み出したクローン技術がその基盤にになっているが、さらにそのもとになったのは鳥がもたらした薬である。

チャンネル9

『火の鳥 生命編』に登場する放送局。クローンマンハントを放送する。

その他キーワード

クローンマンハント

『火の鳥 生命編』に登場するテレビ番組。鳥に生み出された青居邦彦のクローンを使い、賞金をかけて人間狩りをする番組。賞金とヨーロッパ・アメリカ食べ放題ツアーが賞品となる。後には国産のクローン技術で青居邦彦のクローンを作れるようになった。

サイボーグ手術

『火の鳥 生命編』に登場する医療技術。使えなくなった体の部位をロボットに交換していく。ジュネの祖母は脳髄だけが残り、それ以外は生命維持装置という状態で寝たきりになっている。

SHARE
EC
Amazon
logo