ラヤーナ・ミゼーラ

伝説(漫画)の登場人物。ツァラ・ラダとはライバル関係。

  • ラヤーナ・ミゼーラ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
伝説(漫画)
正式名称
ラヤーナ・ミゼーラ

総合スレッド

ラヤーナ・ミゼーラ(伝説)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

ツァラ・ラダが提唱した新しい科学思想体系・ラダ科学を信奉するラダ派と対立する反ラダ派のひとりで、ラダ科学が否定した超心理学や心霊学、神秘思想、カバラのほか、あらゆる宗教の秘儀を研究し、「思念エネルギー理論」という論文を書いた70歳の老人。西暦2475年にネパールのヒマラヤへ入山し、消息不明になっていたが、ジロウ・サヤマディエンヌにより、ラマ教の僧院・タンボチュ僧院跡で、ラダ科学によって改竄される以前の科学に関する蔵書と共に発見された。

ラダが完全否定した精神の存在を実証するため荒行を重ねていたが、狂気の中でしか思念エネルギーを操ることができず、発見当初は自我自失状態に陥っていた。

登場人物・キャラクター

22世紀初頭に登場した、オールマイティな才能を持つ大科学者で、宗教やオカルト、神秘学を排除した新しい科学思想体系ラダ科学を提唱し、全てが満ち足りた平和で完全な社会を作り上げた。しかし西暦2505年に至...

登場作品

巨大流星群、イルゼが降り注ぎ、大被害を被った西暦2505年の地球。事故で脳以外の肉体を失い、バイオーグ・イオ・フレミングとして、南極に出現した進化・増殖する謎の植物群ジュマの調査に赴いたジロウ・サヤマ...