ルイ16世

ルイ16世

ベルサイユのばら(漫画)の登場人物。読みは「るいじゅうろくせい」。ルイ15世、マリー・アントワネットとは親族関係にある。

登場作品
ベルサイユのばら(漫画)
正式名称
ルイ16世
ふりがな
るいじゅうろくせい
関連商品
Amazon 楽天

概要

『ベルサイユのばら』の登場人物でフランス国王。ルイ15世の孫でマリー・アントワネットの夫。小太りで大人しく優しい性格だが、優柔不断なところがある。国民からは慕われていたが、政治的決断力には欠けていた。妻を愛していたが、自身のコンプレックスから自信が持てずにいた。趣味は狩猟と錠前づくり。ヴァレンヌ事件をきっかけに、国民の信頼を失い処刑される。

歴史上の実在人物ルイ16世がモデルとなっている。

関連人物・キャラクター

ルイ15世

『ベルサイユのばら』の登場人物で、ルイ16世の祖父。女好きで多くの愛人を作る。アントワネットと愛妾デュ・バリー夫人との対立に頭を痛めている。その後天然痘で崩御する。歴史上の実在人物ルイ15世がモデルと... 関連ページ:ルイ15世

マリー・アントワネット

フランス国王ルイ16世の王妃。オーストリアの女帝マリア・テレジアの第9子として生まれ、14歳でフランスへ嫁ぎ、2男1女をもうけた。美しく人を引きつける魅力を持つ。オスカルを信頼し、良き親友のような信頼... 関連ページ:マリー・アントワネット

登場作品

ベルサイユのばら

作品誕生のいきさつ『ベルサイユのばら』を描くきっかけとなったのは、作者・池田理代子が、高校時代にオーストリア人作家シュテファン・ツヴァイクの書いた評伝『マリー・アントワネット』を読んだことにある。この... 関連ページ:ベルサイユのばら

SHARE
EC
Amazon
logo