ルサルカは還らない

ルサルカと呼ばれる超兵器による、主要国の政府・軍隊を巻き込んだ陰謀と、これに立ち向かう人々を描いたスパイアクション。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
ルサルカは還らない
作者
ジャンル
アクション一般

総合スレッド

ルサルカは還らない(漫画)の総合スレッド
2016.07.11 19:03

新着関連スレッド

ルサルカ(ルサルカは還らない)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.11 19:03
シリア・バッチェルダー(ルサルカは還らない)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.11 19:03

新着関連スレッドもっとみる

概要

日本国内で駐留米軍に反対するデモが繰り返され、これを懸念した大統領デビット・コクラン率いるアメリカ政府首脳は、情報収集のために直属の秘密情報部隊チーム・アイスを発足させた。連邦財務省麻薬捜査官タカシ・カシイはチーム・アイスの第7班に抜擢された。タカシ・カシイは、東京に集まったジェニファ・ワイオミングヘラン・ヤンら第7班の面々、彼らを支援する日本の秘密諜報機関ツクスマの連絡将校・諏訪輝延らと共にロシア・北朝鮮国境地帯に潜入する。

タカシ・カシイ達は、ロシアの反体制秘密組織の中心であるイオシフ少将(本名ピョートル・オレコフ・イワノビッチ)、その参謀スミノフと面会し、ルサルカと呼ばれる衛星を用いた恐るべき計画を聞かされた。

その計画は、世界的な異常気象と混乱を引き起こすものだった。東京に戻ったチーム・アイスの面々は突如任務を解かれるが、危機を察知したツクスマはタカシ・カシイらを招集し新部隊編成する。ロシアに再潜入したタカシ・カシイ達は、伝説の女スナイパー・レッド・フレアを加え、ルサルカ計画に立ち向かってゆく。

登場人物・キャラクター

主人公
日系3世の男性。初登場時28歳。財務省に勤務し、連邦麻薬取締局(DEA)の捜査官だった。海兵隊兵役歴5年。大統領直属の秘密情報部隊チーム・アイスの第7班に抜擢される。恋人が麻薬で身を滅ぼしたという過去...
金髪のアメリカ人女性。連邦麻薬取締局(DEA)の化学分析官。チーム・アイス第7班。オハイオ州生まれ。ロシアからタカシ・カシイが持ち帰った粉末を分析した後、任務を解かれるが命令に背きタカシ・カシイ達と合...
黒いショートヘアーの女性。FBI対テロ特別対策部に所属し、5年間テロリストと戦ってきた。チーム・アイス第7班。韓国生まれで、アメリカ合衆国に帰化したテコンドーの使い手。 当初はタカシ・カシイ達日系人と...
CIA出身。チーム・アイス第7班。人を見下したような態度を取ることが度々あり、諏訪輝延には「CIAのしったか坊や」と陰口をいわれている。
チーム・アイス全体の指揮官。コードネームはマックス。合衆国国務長官付き特別警護官。日本ではビル・マーロウと名乗っている。以前は私設警察(警備会社)の警備部長として要人の警備にあたっていた。
陸上自衛隊の三等陸佐。調査隊第2分室の名物男と言われている。陸自屈指の戦闘スキルを持つが、実戦経験はなかった。日本の秘密諜報機関ツクスマとチーム・アイスの連絡将校として作戦に参加する。チーム・アイスが...
ロシアの新興企業グループの中枢・ゴールヌイバンクに勤務。イオシフの参謀。元は旧ソビエト連邦の秘密情報機関GRU(赤軍参謀諜報機関)の大佐で大物スパイだった。密かに狂信的な白人至上主義集団第七教団派に加...
通称イオシフ。ロシア空軍少将。戦略ミサイル軍第3師団で副指令を務めている。「ルサルカ計画」の首謀者。祖父はソ連軍情報部を築いた大物シモン・イワノビッチ。
元公安調査庁長官。日本の諜報機関ツクスマの代表者。チーム・アイスが解散した後、残党のタカシ・カシイ、ジェニファ・ワイオミング、ヘラン・ヤンや諏訪輝延らと共に新部隊を組織する。
ロングヘアの女性。髪の色は赤く、ICPO(インターポール)から付けられたコードネームはレッド・フレア(赤い炎)。IRA(アイルランド共和国軍)の伝説のスナイパー。公式にはロンドンの爆破事件で死亡したこ...

その他キーワード

『ルサルカは還らない』に登場する衛星。ロシアが開発した総重量2000トンの衛星。気象をコントロールし、シベリアを不毛な大地から肥沃な新天地に変える力を持つ。イオシフが密かに企む「ルサルカ計画」の鍵を握...