レオポルディーネ・ハプスブルク

シャルトル公爵の愉しみ(漫画)の登場人物。クロウディア、アンリ・ド・シャルトルとは親族関係にある。

  • レオポルディーネ・ハプスブルク
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
シャルトル公爵の愉しみ(漫画)
正式名称
レオポルディーネ・ハプスブルク

総合スレッド

レオポルディーネ・ハプスブルク(シャルトル公爵の愉しみ)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

アンリ・ド・シャルトルの妻。ゴージャスなブロンド美女。ヨーロッパ一の名門オーストリアハプスブルク出身だが、家自体今は貴族というわけではないので、庶民的な育ち方をしており、料理もできる。ラウール・ド・シャルトルを熱愛しており、当初はラウールがヴィスタリアと別れた後にプロポーズすることを考えていたが、レオポルディーネに恋をしたアンリが、自分と結婚すればラウールが義父となるため、いつまでも傍に居ることができるという提案を出され、結婚を承諾する。

やや天然で、ラウールのこととなると盲目的な行動をとるエキセントリックな性格。空手の心得がある。

アンリとの間にフィリップクロウディアの二子を儲けた。ロノス王国の皇太子リオンとは遠い親戚で、幼馴染。

登場人物・キャラクター

アンリ・ド・シャルトルとレオポルディーネ・ハプスブルクの間に生まれた娘。フィリップの妹にあたる。顔はアンリにそっくりな美少女で、性格は祖母にあたるヴィスタリアにそっくりの、大変なわがまま娘。周囲が寄っ...
ラウール・ド・シャルトルとヴィスタリアの子。少年期は神童的な才能を持った美少年で、大人びて冷めたところのある性格だった。本人曰く、幼少期は勉強に夢中で、思春期は色事に夢中になって過ごしたとのこと。長じ...

関連キーワード

地中海にある小さな島々からなる王国。伝統的に腕の良い宝石職人が多く、宝石・宝飾品の加工などが基幹産業となっている。王を社長とした宝石会社と呼ばれることも。ロノス産の刻印は最高級品の証と言われるほど製品...

登場作品

女嫌いのラウール・ド・シャルトル公爵と、そのいとこでレズビアンのグランサニュー候爵令嬢ヴィスタリアの間に生まれた息子アンリ・ド・シャルトルは、誰をも魅了する美貌の持ち主にして、生まれながらの天才。さら...