ロケットでつきぬけろ!

ロケットでつきぬけろ!

F1を中心としたカーレースの世界を描いた作品。随所に挿入される「Live Like Rocket!」というフレーズ、太い枠線によるコマ割りが特徴的。松井勝法の初連載作品。

正式名称
ロケットでつきぬけろ!
作者
ジャンル
ギャンブル・賭博
レーベル
ジャンプ・コミックス(集英社)
巻数
全1巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

春田倫雄茶畑カートランドでアルバイトをする傍ら、自らも趣味でカートを走らせる少年。ただ速く走ることが好きで、将来はトラック運転手になろうと思っていた。しかし、赤城慎吾と出会ったことがきっかけでカーレースの魅力に目覚め、F1の世界一を目指すようになる。

登場人物・キャラクター

春田 倫雄 (ハルタ ミチオ)

初登場時17歳。髪はオレンジ色で、両耳、唇にピアスをしている。素肌にオーバーオールを着ていることが多い。高岡浩美の車を壊してしまい、その弁償をするために茶畑カートランドでアルバイトをしている。母親と同じトラック運転手になるつもりでいたが、赤城慎吾の日本グランプリでのレースを見て、レーサーの道を志すようになる。 当初は横山都に憧れていたが、F3レーサーとなった2年後には松井ありすと交際している。明るく能天気で向こう見ずな性格。

小金井 修平 (コガネイ シュウヘイ)

初登場時17歳で、眼鏡をかけた少年。F3のレーサーだった父親を、レース中の事故で亡くしている。真面目な性格だが少し気が弱い。茶畑カートランドの常連客だった。マシンの性能に詳しく、2年後には春田倫雄のメカニックを務めるようになる。

横山 都 (ヨコヤマ ミヤコ)

初登場時20歳。茶畑カートランドでアルバイトとして働く女子大生。春田倫雄にカーレースの魅力を教えた。猫を飼っている。

赤城 慎吾 (アカギ シンゴ)

初登場時34歳。プロのF1レーサーであり、イギリスの名門チーム・グッドスピードに所属していたが、闘病中の恋人に「必ず勝つ」と約束していたレース中に、シド・グッドスピードの意向でマシントラブルを引き起こされ、恋人も失ってしまい、以来シド・グッドスピードを恨むようになる。 レーサーを引退後、春田倫雄らとF3チーム・A・C・R・Tを立ち上げる。

春田 いずみ (ハルタ イズミ)

春田倫雄の母。15歳のときに駆け落ち同然の生活を始め、春田倫雄を産むが、22歳で離婚。以来、トラック運転手をしながら女手ひとつで春田倫雄を育てあげる。豪快な性格で、煙草を吸う。

高岡 浩美 (タカオカ ヒロミ)

茶畑カートランド店長。カーレースを愛する、温厚な性格の男性。初登場時52歳。春田倫雄に車を壊され、その弁償のために春田倫雄を雇う。

シド・グッドスピード

グッドスピードのボスで、エド・グッドスピードの祖父。重病に冒されており、車椅子に乗っている。完璧主義者で、少しでもミスを犯した者はチームから抜けさせてしまう。

エド・グッドスピード

グッドスピードジュニアチームのドライバーで、シド・グッドスピードの孫。レースの実力は高く、F1デビューが決まっている。シド・グッドスピードの死期が近いことを知り、走る目的を見失う。

松井 ありす (マツイ アリス)

F3レーサーとなった春田倫雄と交際しているが、春田いずみからは関係を認められていない。関西弁を話す。活発な性格のお調子者。

集団・組織

A・C・R・T

『ロケットでつきぬけろ!』に登場するF3チーム。赤城慎吾がマシンメーカーと共同で立ち上げ、監督を務める。春田倫雄、小金井修平が所属する。

グッドスピード

『ロケットでつきぬけろ!』に登場するF1チーム。イギリスの名門チームで、シド・グッドスピードがオーナーを務める。かつて赤城慎吾が所属していた。

場所

茶畑カートランド (チャバタケカートランド)

『ロケットでつきぬけろ!』に登場するカートコース。かつて赤城慎吾が練習に使っており、レコードホルダーであったが、春田倫雄がその記録を破る。

書誌情報

ロケットでつきぬけろ! 全1巻 集英社〈ジャンプ・コミックス〉 完結

第1巻

(2001年1月発行、 978-4088730677)

SHARE
EC
Amazon
logo