一片

一片

月夜の宴(漫画)に登場する若愛用の三味線の名器の銘。読みは「ひとひら」。

登場作品
月夜の宴(漫画)
正式名称
一片
ふりがな
ひとひら
関連商品
Amazon 楽天

概要

銘の謂われは「これを弾けば花の香を誘い一片の花弁が舞い込む」という伝説がある。この三味線の音色が美しい鼓の師匠、田中小伝次の元に誘うことになる。本作で「〈原富の古近江〉といわれる名器」と書かれていることから、名手・原富(原武太夫、1697-1776年)がかつて所有した、名工・石村近江の初期作品ということになる。

登場作品

月夜の宴

本所、柳島の別宅で、若が三味線の練習をしていると月に一度、三味線の音に合わせて鼓を打つ者がいる。その正体を暴こうと、自ら発明したと称する照明器具天燈鏡を持ち込んだ馬風とおかつ。酒盛りのあと、二人は夜の... 関連ページ:月夜の宴

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
月夜の宴
logo