三つ目がとおる

三つ目がとおる

普段は幼稚園児なみの無邪気な少年、写楽保介は現代人よりもはるかに優秀であった古代人、三つ目族の生き残りであった。額に貼った絆創膏の下には第3の目があり、三つ目でいる間は三つ目族の力を発揮し、古代史の謎を次々に解いていくのだった。

概要

額に第3の目をもつ少年写楽保介は、はるか昔に滅んだ古代人、三つ目族の生き残りであった。絆創膏で額の目を隠している間は幼稚園児なみの無邪気な少年だが、絆創膏をはがしたとたん、三つ目族の能力を発揮する。彼は、ガールフレンドの和登サンとともに、古代遺跡に隠された秘密を暴き、古代史の謎を次々に解いていくのだった。

登場人物・キャラクター

額に第3の目をもつ古代人、三つ目族の生き残り。IQは7~800という知能を持つが、三つ目を絆創膏で隠していると、三つ目族の能力も闘争心もなくなり、学力は小学校1年生程度、やることは幼稚園なみとなる。養... 関連ページ:写楽 保介

寺の住職の娘。自分のことを「ボク」といい、けんかでは男子に負けない。絆創膏をはがしたときの写楽保介に惹かれる一方、必要に迫られれば、色仕掛けも使って絆創膏をはり、写楽保介に絆創膏をはることができる数少... 関連ページ:和登 千代子

医者。額に第3の目を持つ謎の女性から肺炎に罹った写楽保介を預かるが、その女性は犬持博士の目の前で雷にうたれて死んでしまう。 関連ページ:犬持博士

古代史を研究する学者。遺物の謎を解くためにしばしば写楽保介の助けを借りる。 関連ページ:須武田博士

犬持博士に頼まれて、写楽保介を預かるラーメン屋、来来軒の店主。 関連ページ:ヒゲオヤジ

写楽保介の叔父。三つ目族の血を引くただ一つの貴族の家柄。ただし、第3の目は痕跡として額に残るのみである。先祖の財宝のありかを記した青銅球の謎を解くため写楽保介を誘拐する。 関連ページ:ゴブリン男爵

楽聖ベートーベンにそっくりな警部。捜査学の「学聖」と自称する。何かというと、ベートーベンの言葉や曲名をだして深刻ぶる。 関連ページ:雲名警部

猿から人類へと進化する過程の、まだ発見されていない段階ミッシング・リング(きれた鎖)にあたる、猿と人類の間の種族。ポゴという女王に支配されている。長耳族の子孫、パンドラによって南の島で絶滅しかかってい... 関連ページ:ポキ

『三つ目がとおる』に登場する鳥。羽は無く、おしりの袋からガスを噴射して飛ぶ巨大鳥。トルテカ人が金の輸送のために、金貨などを飲み込む習性を身につけさせた。親鳥からヒナを託された写楽保介が育てたものが最後... 関連ページ:モア

集団・組織

三つ目族

『三つ目がとおる』に登場する種族。遙か昔に呪術と超自然力と魔法で高い文明を築いた種族。戦いを繰り返し、海や山を汚し自らの文明に毒されて滅んでしまった。 関連ページ:三つ目族

寿命院家

『三つ目がとおる』に登場する家系。鹿児島のすでに絶えてしまった家系であり、代々の当主は三つ目であった。その地下には隠し部屋があり、三つ目族の遺産が隠されていた。 関連ページ:寿命院家

場所

グリーブ

『三つ目がとおる』に登場する遺跡。オハイオ州に残されたアメリカ先住民の遺跡、マウンド(人工丘)のひとつで、ピラミッドの頂上が平になったような形状。三つ目族が作ったもので引力を操る装置がその内部にある。... 関連ページ:グリーブ

その他キーワード

天人鳥

『三つ目がとおる』に登場する遺物。三つ目族が財宝を隠したとされる場所を示す青銅球の中に入れられた鳥。三つ目族が発するオーラの力で動く。その鳴き声は財宝への扉を開くカギでもある。 関連ページ:天人鳥

ボルボック

『三つ目がとおる』に登場する植物。三つ目族によって進化させられた植物。知性を持ち、神経のような働きをする根とコブを地中に張り巡らし、すべての植物を支配し、枯らしたり繁茂させたりすることができ、三つ目族... 関連ページ:ボルボック

アニメ

悪魔島のプリンス 三つ目がとおる

超能力を持つ種族三つ目族の末裔写楽保介は、その出自を隠されて、育ての親である犬持医師の元で暮らしていた。十四歳になった写楽保介は、謎の生物人面鳥に襲撃される。偶々人面鳥を目撃して、その謎を捜査している... 関連ページ:悪魔島のプリンス 三つ目がとおる

SHARE
EC
Amazon
logo