丑久保 陶兵衛

丑久保 陶兵衛

陽だまりの樹(漫画)の登場人物。読みは「うしくぼ とうべえ」。伊武谷 万二郞とはライバル関係。

登場作品
陽だまりの樹(漫画)
正式名称
丑久保 陶兵衛
ふりがな
うしくぼ とうべえ
関連商品
Amazon 楽天

概要

インチキ蘭方医に妻さとを子供を産めない体にされ、蘭方を学ぶ者にとどまらず、外国人やそれに追随する者すべてに恨みを抱く。手塚良仙を斬ろうとして伊武谷万二郞に邪魔され、また、伊武谷万二郞タウンゼント・ハリスの警護をしていることにも憤りを感じて、その命を付け狙うことになる。

伊武谷万二郞と一緒になりたいがために、家系図を譲り受けようと訪れたお品を、伊武谷万二郞への憎しみから手籠めにする。材木商多磨屋の養子・多磨屋成吉にやとわれ、その義父を殺す。お紺を斬ることを依頼され、襲いかかるが、警備に当たっていた伊武谷万二郞の歩兵組に撃たれ、多磨屋成吉を道連れにして死ぬ。

関連人物・キャラクター

ヘンリー・ヒュースケン

タウンゼント・ハリスの通訳。警護役として赴任した伊武谷万二郞を信頼するようになるが、女癖が悪く、やっかいごとの後始末にしばしば伊武谷万二郞がかり出された。善福寺が宿舎となったとき、おせきを手籠めにして... 関連ページ:ヘンリー・ヒュースケン

伊武谷 万二郞

『陽だまりの樹』の主人公のひとり。生年天保元年(物語の始まった時点で26歳)。松平播磨守家中。隠居した父の禄を継いで出仕。禄高15俵2人扶持。千葉周作の玄武館に入門するが3日目に千葉周作は死去。体力が... 関連ページ:伊武谷 万二郞

お品

安政の大地震で伊武谷万二郞に救われた群衆の中におり、それ以来、伊武谷万二郞に恋心を抱く。身分の違いをまわりに諭されてもあきらめきれず、武士の家系図を買おうとして丑久保陶兵衛にもちかけるが、彼が怨念を抱... 関連ページ:お品

登場作品

陽だまりの樹

禄高15俵2人扶持の下級武士である伊武谷万二郞は、一徹にして直情なる性質を父から受け継ぎ、その性格から騒動が絶えなかったが、安政の大地震で群衆を安全な場所へ導いた統率力が老中の目にとまり、通商使節タウ... 関連ページ:陽だまりの樹

SHARE
EC
Amazon
logo