中岡 元

中岡 元

はだしのゲン(漫画)の主人公。読みは「なかおかげん」。別称、ゲン。中岡大吉とは親族関係にある。

登場作品
はだしのゲン(漫画)
正式名称
中岡 元
ふりがな
なかおかげん
別称
ゲン
関連商品
Amazon 楽天

概要

物語冒頭では、国民小学校二年生。広島に住む中岡家の三男。原爆投下の際にも広島市の中心部にいたが、偶然塀の影にいたため熱線を免れて生き残る。倒壊した自宅で父中岡大吉、姉中岡英子、弟中岡進次を失う。生き残った母中岡君江と妹中岡友子、広島から離れていたことで被害を免れた兄の中岡浩二中岡昭たちと、自宅の跡地にバラック小屋を建てて暮らし始める。

しかし、生活は困窮を極め、栄養失調で妹の友子は夭逝し、母の君江も原爆症によって失ってしまう。原爆症によってか、ゲン自身にも髪の毛が全て抜け落ちるといった症状が現れるが、後に髪は生え変わり、基本的には健康に暮らしている。

しかし、多くの人が原爆症で苦しむ姿を見て、自分にも原爆症が現れることを恐れている。大吉が絵付け職人であったことから絵を描くのが好きで、画家を志していた青年吉田政二や、洋画家天野星雅と出会ったこともあり、中学校を卒業してからは画家を志す。父親の影響と自分の経験から徹底した反戦思想の持ち主で、戦争を賛美する人間を憎んでいる。

戦争の原因は日本の天皇制と軍国主義にあると考え、批判を繰り返すが、アメリカに対しても原爆投下や戦後の進駐軍の振る舞いから嫌悪感を持っている。父親譲りの曲がったことが大嫌いな性格で、喧嘩の腕も立ち、不正や理不尽な振る舞いを目にすると、相手が大人であろうと立ち向かっていく。

関連人物・キャラクター

中岡大吉

中岡元の父親。広島で下駄の絵付け職人として営業しているが、戦時中ということもあり生活は苦しい。戦争には反対の立場を取り、その姿勢を隠そうともしないため、町内では「戦争に協力しない非国民」と非難されてい... 関連ページ:中岡大吉

鮫島伝次郎

中岡元たちの住む町の町内会長。町内会長という立場から戦争を賛美し、戦争に反対の立場を表明する中岡大吉を忌み嫌っている。そのため、大吉を警察に密告したり、中岡家の麦畑を荒らすなど様々な嫌がらせを行う。原... 関連ページ:鮫島伝次郎

登場作品

はだしのゲン

昭和20年の広島で、貧しくも楽しく暮らしていた中岡元の生活は、アメリカの落とした原子爆弾によって奪われる。父と姉、弟を原爆投下時に失ったゲンは、生き残った母、原爆投下直後に産まれた妹と戦後の社会を暮ら... 関連ページ:はだしのゲン

SHARE
EC
Amazon
logo