中村

誰も寝てはならぬ(漫画)の登場人物。読みは「なかむら」。別称、ナカムラはん。

  • 中村
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
誰も寝てはならぬ(漫画)
正式名称
中村
ふりがな
なかむら
別称
ナカムラはん

総合スレッド

中村(誰も寝てはならぬ)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

オフィス寺に装幀の仕事を度々持ち込んでくる。ゴロちゃん(川村五郎)とは新卒で入社した会社の同期で、オフイス寺の立ち上げメンバーのひとり。しかし、中枢社員が謀反を起こして辞めた際、力を入れていた仕事まで持って行かれそうになったため、やむを得ず一緒に退社した。しかし、その後ヨリを戻し、装幀の仕事などを共にするようになった。

オフィス寺のメンバーとはそこかしこでばったり会うので、「よう会うおっさん」と呼ばれている。自宅を軽井沢にかまえ、東京に新幹線通勤している。軽井沢住人の人脈で、『世界幻覚キノコ大全』『日本根菜図鑑』といった不思議なテイストの本の仕事を持ち込んでくる。

下矢凪の主催するウマズイ連の一員でもある。愛用のバイクはカワサキ・マッハⅢ。外見のモデルはロックバンド・ジェネシスのマイケル・ラザフォード。

登場人物・キャラクター

デザイン事務所オフィス寺社長。40歳前後。作者曰わく、中途半端な男前。京都の芸術大学で立体造形を学んでいた。ハルキちゃん(川村春樹)とは中学、高校、大学の同級生。フリーのイラストレーターとなったがトラ...

登場作品

イラストレーター大路春樹は友人の川村五郎が経営する赤坂のデザイン事務所オフィス寺に所属している。オフィス寺には山田夏男らさまざまな人々が出入りするが、ひと癖もふた癖もある人ばかり。アラフォー男二人と周...