仙石権兵衛秀久

仙石権兵衛秀久

センゴク(漫画)の主人公。別称、センゴク。

登場作品
センゴク(漫画)
正式名称
仙石権兵衛秀久
別称
センゴク
別称
ダンゴ
別称
ゴンベ
関連商品
Amazon 楽天

概要

仙石家四男。当時の平均身長より頭1つ大きい巨体の持ち主。もともとは斉藤家に仕えていたが、後に秀吉の兵に。秀吉にはセンゴク信長にはダンゴなどと呼ばれる。故郷の美濃国では幼なじみの侍女・お蝶と思いを通わせていたが、稲葉山城の落城で離ればなれになってしまった。

頭を使うことが大の苦手で、思慮に乏しい直情型。比叡山焼き討ちではお蝶のため無断で戦闘を放棄、一兵卒ながら信長にも口答えするなど、型破りな行動で周囲を困らせる。だが誰にも負けない一途な熱い気持ちの持ち主で、信長秀吉家康、明智光秀、竹中半兵衛ら武将の心を動かす。同時代の実在の人物・仙石秀久をモデルにしている。

関連人物・キャラクター

徳川次郎三郎家康

織田家同盟軍・三河国国主。ばくち好きで賭けごとに熱くなる性分。三方ヶ原の戦いに先立って、武田信玄が遣わした馬場信春の懐柔を拒否する。敗走を助けて生還したセンゴクに、いつか借りを返すと約束する。同時代の... 関連ページ:徳川次郎三郎家康

お蝶

斉藤家の侍女。センゴクの恋人。稲葉山城の落城後、逃げ延びた斉藤龍興と行動をともにする。恋のためなら死もいとわない激情の持ち主で、侍女らとの淫蕩に耽る龍興も手が出せなかった。信長打倒を掲げる龍興はお蝶を... 関連ページ:お蝶

登場作品

センゴク

15歳だったセンゴクこと仙石権兵衛秀久は、1567(永禄10)年の稲葉山城の落城で織田軍の捕虜に。だが信長に素質を見込まれ、秀吉の下で先駆けを任される。1570(元亀1)年に浅井家離反で織田軍が窮地に... 関連ページ:センゴク

SHARE
EC
Amazon
logo