健太やります!

背は低いがバレーボールへの情熱は人一倍強い井口健太と才能バツグンの前田隆彦の2人の新入生が、弱小坂見台高校男子バレー部を引っ張って県大会を戦い抜いてゆく熱血スポーツ長編。従来のスポーツ漫画のような天才肌の主人公ではない点が特徴的。井口健太は背が低く特別な才能も持たないが、バレーへの情熱とひたむきな努力で、泥臭くも真っ直ぐに成長してゆく。天才肌で派手なプレーは前田隆彦が担う。バレーボールを通して登場人物たちが成長し、対戦相手とも心が触れ合うという、スポーツ漫画の王道を描ききった作品。作者にとって初の長期連載作品にして代表作。

概要・あらすじ

中学からバレーボールをやっていた井口健太は、進学した坂見台高校でもバレー部をまっしぐらに目指す。しかしこの学校のバレー部は毎回地区予選初戦敗退の弱小チームで、メンバーすら足りていない状態だった。だがもう一人、天才的な運動神経を持つ同級生前田隆彦も入部したことで状況が変わる。背は低いがバレーへの情熱は人一倍強い井口と天才アタッカー前田という逸材を得て、坂見台高校バレー部は再び活気を取り戻す。

地区予選で対戦した県内最強の誠陵高校には敗れたものの、全員一丸となったがむしゃらな戦い方で、1点をもぎ取ることに成功した。井口と前田を中心に、打倒誠陵高校の目標をかかげた坂見台高校バレー部の熱い戦いが続いてゆく。

登場人物・キャラクター

井口 健太 (いぐち けんた)

坂見台高校1年C組。男子バレー部所属。164cmの低身長。体格には恵まれていないが、中学からバレーボールを続けていて、坂見台高校でもバレー部に入部した。両親、弟の4人家族。メンバーも足りず開店休業状態だったバレー部を、同級生の前田隆彦とともに立て直した。背の低さにコンプレックスを感じているが、人一倍の努力と工夫でチームを支える。 試合中に臨機応変に対応する成長力は実力者からも一目置かれるほど。優しい性格だがその反面気弱で、思いつめてしまうくせがある。涙もろく、感激するとすぐ泣いてしまう。3年生稲場克己の引退後、1年生ながらキャプテンに就任した。就任当初はプレッシャーから部員たちに対して厳しい要求をし、不和を招いたりもしてしまう。 しかし周りに支えられながら試合を続けてゆく中で、チームの中心として精神的にも成長してゆく。

前田 隆彦 (まえだ たかひこ)

坂見台高校1年B組。男子バレー部のエース。色黒で183cmの高身長。驚くべき体力と運動神経の持ち主。強気な性格で、思ったことはずけずけ言う。態度が大きいのでトラブルを招くこともしばしば。内向的で気に病みがちな井口健太とは対称的な性格で、お互いに支え合っている。重度の乗り物酔いという弱点がある。 実家はそば屋。2年生になった時点で身長は185cmに伸びた。相手の弱点を突くなどの合理的な戦い方は好まず、あくまで正攻法で力でねじふせて堂々と勝つことをモットーとしている。

稲場 克己 (いなば かつみ)

坂見台高校3年生。男子バレー部キャプテン。年齢よりも老け顔で、風格のある物腰。天才的なセンスを持ち、バレーボールの名門校誠陵高校からスカウトが来たほどの腕前。しかし中3の時に左ヒザを痛め、一度はバレーをあきらめ坂見台高校へと進学した。井口健太と前田隆彦という才能ある新入部員を得て、バレーを再開した。 彼らにバレーを教え込んだ指導者的存在。井口と前田の健闘で、高校でのバレー活動に完全燃焼し、悔いなく引退することができた。その後も後輩たちの活動を見守っている。実家は裕福で、屋敷では「坊ちゃん」と呼ばれている。

河野 行宏 (こうの ゆきひろ)

坂見台高校2年生。男子バレー部所属。身長173cm。部員も足りず部室で佐々木たちと麻雀に明け暮れるなど不真面目だったが、井口健太と前田隆彦が入部したことで、バレーボールへの情熱を取り戻す。出っ歯が特徴的。お調子者で気分屋だが、バレーへの熱意は確かなもの。 下級生なのに敬語を使わない前田隆彦とは、よく口げんかをしている。3年生の稲場克己が引退した後、自分たちの学年を飛ばし下級生の井口がキャプテンとなったことに最初は抵抗を感じていたが、井口の熱意を前に納得し、自分は副主将として井口をサポートしてゆくことにした。

原 直樹 (はら なおき)

坂見台高校2年生。男子バレー部所属。身長172cm。部員も足りず部室で河野たちと麻雀に明け暮れるなど不真面目だったが、井口健太と前田隆彦が入部したことで、バレーボールへの情熱を取り戻す。つり目でとがった鼻。左利き。好きな食べ物はミートスパゲッティ―。

佐々木 修一 (ささき しゅういち)

坂見台高校2年生。男子バレー部所属。身長174cm。部員も足りず部室で原たちと麻雀に明け暮れるなど不真面目だったが、井口健太と前田隆彦が入部したことで、バレーボールへの情熱を取り戻す。メガネをかけている。ドライブサーブが得意。趣味はTVゲームとテレカ集め。 新キャプテンとなった井口が夏合宿であまりに猛練習するのに反発し退部しかけたが、中学から続けているバレーを途中でやめるわけにはいかないと思い直した。

近森 千穂 (ちかもり ちほ)

坂見台高校1年C組。男子バレー部のマネージャー。ただのミーハーなバレーボールファンだったが、同級生井口健太のバレーに一途な姿を見て、マネージャーに就任した。勝気で、言いたいことははっきり言う性格。同じく思ったことをずけずけ言う部員の前田隆彦とは、しょっちゅう口論になる。 お守りやお弁当を手作りして、バレー部をサポートし支える。登場時の髪型は両分けのお下げだったが、後にショートカットにした。前田隆彦に惚れてマネージャーとして入部した下級生の渡瀬ひかるに対し、えこひいきせずチーム全員をケアしなければいけないと注意するなど、頼りがいのある存在として成長している。

宇都宮 誠 (うつのみや まこと)

坂見台高校1年F組。199cmの超巨体。前田隆彦とは家が近所で小中高といっしょの幼なじみ。前田のことを「タカちゃん」と呼ぶ。体は大きいが気弱で根性がなく、運動部に入部してもすぐやめてしまっていた。3年生の稲場克己が引退しメンバーが不足したバレー部に、新キャプテン井口健太から強く勧誘される。 当初はバレー部もすぐやめようと思っていたが、井口の真摯な働きかけに感動し、バレーをやりたいという気持ちが芽生え、入部した。まるっきりの初心者だったが、井口たちに支えられ、成長してゆく。動作はややのろいが、長身を生かしたブロック技術は他校から要注意となる腕前。バレー部の合宿先に祖父のお寺を提供した。 好きな芸能人は渡辺満里奈。

島村 (しまむら)

バレーボールの名門校誠陵高校バレー部のキャプテン。眉毛がなく、鋭い目つき。将来日本代表入りが期待されている大器で、その名声は全国の中学・高校バレー部に轟いている。中学からバレーをやっていた井口健太にとっては憧れの存在。坂見台高校の稲場克己とは、中学時代にコンビを組んでいた。 坂見台高校と地区予選で対戦した際、試合中にみるみる成長する井口健太の資質に驚かされた。

前田 慶彦 (まえだ よしひこ)

誠陵高校バレー部所属。坂見台高校バレー部の前田隆彦の双子の兄。色黒の弟とは違い、色白。それ以外の外見はそっくり。自信家で傲慢で口が悪いところなど、兄弟同士で性格も似ている。中学の時は兄弟で同じバレー部でプレーしていたが、勝利のために部員を厳しく叱る慶彦のふるまいに隆彦は反発し、決裂した。 結果として兄慶彦はバレーの名門校誠陵高校へと進み、弟隆彦は無名の弱小校坂見台高校へと進学した。

緒方 明 (おがた あきら)

180cmの高身長。頭は天然のパンチパーマ。広島弁で話す。小学生の時に1学年上の近森千穂に優しくしてもらえたことで強烈に好きになり、彼女を追って坂見台高校へと進学した。バレーボールに関してはまったくの素人だったが、天性の身体のバネと筋力を持ち、素質があるとバレー部キャプテンの井口健太に見込まれた。 強気で無鉄砲な性格なので、同学年の立花、青山、世良を強引に誘いバレー同好会を立ち上げ、バレー部に勝負を挑んだ。結果は当然急ごしらえのバレー同好会の敗北に終わったが、バレーの面白さに目覚めた緒方は、他の3人とともにバレー部に入部した。

江藤 三郎 (えとう さぶろう)

リーゼント頭でやせ型の男。常に禁煙パイポをくわえている。ハーレーを乗りこなす。妻子あり。職業はカメラマンだが本業そっちのけでバレーボールのコーチに熱中し、妻を困らせている。小学生クラブチームのコーチとして、全国優勝に導いた実績を持つ。坂見台高校女子バレー部の辻監督の紹介で、コーチとして男子バレー部の前に姿を現わした。 根性はあるが合理的なプレーをしていない男子バレー部を未熟だと考え、厳しく指導する。部員たちは反感を覚えながらも、江藤コーチの指導に食らいついてゆく。実は13年前に坂見台高校でバレー部だったという過去を持つ。

集団・組織

坂見台高校 (さかみだいこうこう)

『健太やります!』に登場する高校。正式名称は私立坂見台学園高等学校。その名のとおり高台に位置し、登下校には長い急な坂道を通らなければならない。この坂道は運動部にとって格好のトレーニングコースで、「ゲロ坂」と呼ばれ恐れられている。男子バレー部は弱小で、学校からのケアもあまり受けられず、顧問の教師もやる気なし。井口健太や前田隆彦が入部してくるまではメンバーも足りず、開店休業状態だった。

誠陵高校 (せいりょうこうこう)

『健太やります!』に登場する高校。正式名称は私立誠陵学園高等学校。本作の舞台である神奈川県において最強のバレー部を持つ。県大会優勝はいつものこと、インターハイ優勝も何度も経験している常勝王者。井口健太たちの所属する坂見台高校にとっては雲の上の存在で、地区大会において坂見台高校の前に大きな壁となって立ちはだかる。

藤沢実業 (ふじさわじつぎょう)

『健太やります!』に登場する高校。正式名称は藤沢実業高等学校。略称は「藤実(とうじつ)」。バレー部はインターハイの常連で、強豪校。ビデオ撮影を駆使した対戦相手の緻密なデータ分析を得意とする。坂見台高校の河野と宇都宮が見学に来たのを断るが、彼らがその後こっそりのぞき見したことに抗議し、出場停止を求めて高体連に提訴した。 結局その提訴は退けられたが、坂見台高校との間に遺恨を残した。両校は新人戦地区予選の1回戦で対戦し、藤沢実業は研究の結果坂見台高校のエース前田隆彦のくせを見抜き、彼のスパイクを封じ込め、苦しめる。

善行高校 (ぜんぎょうこうこう)

『健太やります!』に登場する高校。正式名称は私立善行高等学校。キャプテンの小坂は160cmの低身長。バレー部は弱く、ふだんは校舎の廊下や屋上を使って練習している。新人戦地区予選の2回戦で坂見台高校と対戦した。実力では坂見台高校バレー部には劣るものの、全員で必死に食らいついてゆく試合運びで、油断していた坂見台高校の肝を冷やした。 どんな対戦相手でも全力でプレーすることの大切さを井口健太たちに気づかせてくれた。

書誌情報

健太やります! 全26巻 小学館〈少年サンデーコミックス〉 完結

第1巻

(1989年9月発行、 978-4091223715)

第2巻

(1989年12月発行、 978-4091223722)

第3巻

(1990年4月発行、 978-4091223739)

第4巻

(1990年5月発行、 978-4091223746)

第5巻

(1990年8月発行、 978-4091223753)

第6巻

(1990年11月発行、 978-4091223760)

第7巻

(1991年2月発行、 978-4091223777)

第8巻

(1991年4月発行、 978-4091223784)

第9巻

(1991年6月発行、 978-4091223791)

第10巻

(1991年9月発行、 978-4091223807)

第11巻

(1991年11月発行、 978-4091226419)

第12巻

(1992年1月発行、 978-4091226426)

第13巻

(1992年3月発行、 978-4091226433)

第14巻

(1992年5月発行、 978-4091226440)

第15巻

(1992年7月発行、 978-4091226457)

第16巻

(1992年9月発行、 978-4091226464)

第17巻

(1992年11月発行、 978-4091226471)

第18巻

(1993年2月発行、 978-4091226488)

第19巻

(1993年5月発行、 978-4091226495)

第20巻

(1993年7月発行、 978-4091226501)

第21巻

(1993年9月発行、 978-4091232618)

第22巻

(1993年12月発行、 978-4091232625)

第23巻

(1994年3月発行、 978-4091232632)

第24巻

(1994年5月発行、 978-4091232649)

第25巻

(1994年7月発行、 978-4091232656)

第26巻

(1994年8月発行、 978-4091232663)

健太やります! 全14巻 小学館〈少年サンデーコミックス ワイド版〉 完結

第1巻

(1998年12月発行、 978-4091257819)

第2巻

(1999年2月発行、 978-4091257826)

第3巻

(1999年4月発行、 978-4091257833)

第4巻

(1999年5月発行、 978-4091257840)

第5巻

(1999年7月1日発行、 978-4091257857)

第6巻

(1999年9月1日発行、 978-4091257864)

第7巻

(1999年11月発行、 978-4091257871)

第8巻

(2000年1月発行、 978-4091257888)

第9巻

(2000年3月発行、 978-4091257895)

第10巻

(2000年5月発行、 978-4091257901)

第11巻

(2000年7月発行、 978-4091257918)

第12巻

(2000年9月発行、 978-4091257925)

第13巻

(2000年11月発行、 978-4091257932)

第14巻

(2001年1月発行、 978-4091257949)

健太やります! 全14巻 小学館〈小学館文庫〉 完結

第1巻

(2003年12月発行、 978-4091934918)

第2巻

(2003年12月発行、 978-4091934925)

第3巻

(2004年2月発行、 978-4091934932)

第4巻

(2004年2月発行、 978-4091934949)

第5巻

(2004年4月発行、 978-4091934956)

第6巻

(2004年4月発行、 978-4091934963)

第7巻

(2004年6月発行、 978-4091934970)

第8巻

(2004年7月発行、 978-4091934987)

第9巻

(2004年8月発行、 978-4091934994)

第10巻

(2004年9月発行、 978-4091935007)

第11巻

(2004年10月発行、 978-4091935311)

第12巻

(2004年11月発行、 978-4091935328)

第13巻

(2004年12月発行、 978-4091935335)

第14巻

(2005年1月発行、 978-4091935342)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo