凶 戴斗

無限の住人(漫画)の登場人物。読みは「まがつ たいと」。尸良とはライバル関係。

  • 凶 戴斗
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
無限の住人(漫画)
正式名称
凶 戴斗
ふりがな
まがつ たいと

総合スレッド

凶 戴斗(無限の住人)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

逸刀流剣士。逸刀流の中では古参の存在。元は農民だったが、妹を侍に殺されたことで、武士階級を憎んでおり、逸刀流に加わった。逆立った髪型と口元を隠す覆面が特徴。何重にも刃が隠された独特の仕込み剣を使う。逸刀流を大きくするという天津の野望にはあまり興味を持っていなかったが、恋人を無骸流尸良に殺されたことにより、尸良を仇として追うことを決意する。

登場人物・キャラクター

無骸流の一員。もともと人殺しを生業にしており、百琳より遅れて無骸流に加わった。残忍無比な性格で、四肢を切断して動けなくしてから嬲り殺すことを好む。逸刀流を壊滅させるという目的で万次とは共闘していたが、...

関連キーワード

『無限の住人』に登場する集団。逸刀流撲滅を目的として、幕府の新番頭・吐鉤群によって集められた。いずれも死罪を言い渡された罪人たちで、逸刀流の剣士を狩ることを条件に罪を不問にされている。また、逸刀流一人...

登場作品

江戸時代中期、すべての流派の統一を掲げる剣客集団・逸刀流に、両親を殺された少女・浅野凜は、不死の肉体を持つ剣士・万次を用心棒として雇い、仇敵である逸刀流統主・天津影久を追うこととなった。時を同じくして...