前鬼

前鬼

鬼神童子ZENKI(漫画)の主人公。読みは「ぜんき」。

登場作品
鬼神童子ZENKI(漫画)
正式名称
前鬼
ふりがな
ぜんき
関連商品
Amazon 楽天

概要

千年以上前に役小角によって使役されていた二柱の鬼神の一方で、燃えるような真紅の髪を持つ。人間をはるかに凌駕する身体能力を誇り、破邪の力を秘めた金剛角と体内から生み出す雷を主な武器とする。役咒法堂に祀られていた石像から復活を遂げたが、普段は役小明の秘咒によって童子の姿となっており、能力の大半が封じられている。

性格は粗暴かつ自分本位だったが、小明と行動を共にするうちにそれなりの常識や倫理感を身に付けていった。

関連人物・キャラクター

役 小明

役小角の血を引く女子高生。現代における前鬼の使役者となる。まだ未熟ではあるが、その術者としての才能は歴代有数であるらしく、祖母の役小鬼によれば将来は小角さえも超える器と見られている。ややスレンダーながらなかなかスタイルが良く、サービスシーンも多い。

関連キーワード

憑依の実

見た目は植物の実に近いが、人間の欲望を感じ取ると目を開き、触手を伸ばしてその人間に憑依する。憑依された人間は、やがて憑依獣と呼ばれる怪物へと変貌し、抱いた欲望の強さや種類に応じた奇怪な能力で人間を襲う... 関連ページ:憑依の実

登場作品

鬼神童子ZENKI

修験道の開祖とも言われる役小角の伝説をモチーフとした物語。かつて小角に使役されていた鬼神・前鬼が現代に蘇り、小角の血を引く女子高生と共に、さまざまな怪物たちと戦いを繰り広げる。原作谷菊秀。 関連ページ:鬼神童子ZENKI

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
後鬼
場所
その他キーワード
憑依の実
logo