勇者コジロー2

勇者コジロー2

ゲームだけは得意な小学生・山田侍浪は、11歳の誕生日に交通事故にあってしまう。目覚めると、幼稚園児・神童虎次朗として転生、時代も7年前(昭和62年)に遡っていた。そんな彼が、ゲームスキルを活かして、数々のピンチを乗り切るコメディマンガ。1話完結で、毎回、アイテムを入手し、レベルが1段階ずつ上がっていくというナレーションで締めくくられる。

概要

小学校5年生の山田侍浪は、11歳の誕生日に落とした1円玉を追いかけ、飼い猫のタマとともにトラックに轢かれてしまう。目覚めると、自分の体は小さくなっていて、迎えに来た両親も見知らぬ人物であった。山田侍浪は、3歳児・神童虎次朗として生まれ変わり、時代も遡って7年前(昭和62年)に来ていたのだ。11歳の知識と得意のゲームスキルで、トラブルを乗り越えていく。

登場人物・キャラクター

主人公

勉強できない、友達いない、スポーツもダメ、唯一の友達はゲームという小学5年生の山田侍浪は、11歳の誕生日に交通事故により3歳児の神童虎次朗として生まれ変わり、7年前(昭和62年)にタイムスリップしてい... 関連ページ:神童 虎次朗

コジローの父親。普通のサラリーマン。 関連ページ:神童 仁獅

コジローの母親。主婦。 関連ページ:神童 なつき

コジローの兄。ファミコン好きだが、あまりうまくない。コジローに助けてもらうことがたびたびある。 関連ページ:神童 一狼太

コジローの妹。赤ちゃん。 関連ページ:神童 美魅狐

コジローの祖父。孫たちの面倒を見ている。 関連ページ:神童 かめ

コジローの祖母。 関連ページ:神童 つる

ガンガンヶ丘幼稚園に通うコジローのガールフレンド。蜜子という姉がいる。幼稚園へ行くときは、コジローを迎えに来る。いじめられているところを何度もコジローに助けられた。コジローが好き。 関連ページ:小百合

ガンガンヶ丘幼稚園に通う幼稚園児。女の子を「セニョリータ」と呼ぶ色黒の男の子。コジローのことをライバル視している。 関連ページ:ラルフ松岡

ガンガンヶ丘幼稚園に通う幼稚園児。幼稚園のボス的存在でいじめっこ。コジローとも喧嘩をしている。ゴチ吉という兄がいる。 関連ページ:ガチ吉

コジローの通うガンガンヶ丘幼稚園の先生。『スーパーマリオブラザーズ2』にはまっている。 関連ページ:川野 めだか

小百合の従兄妹。ファミコンゲームからパソコンゲームまでやっているゲーム好き。小百合の姉、蜜子には「レスリー」と呼ばれている。 関連ページ:ヤスひさ

ガンガンヶ丘幼稚園に通う幼稚園児。「うけうりウンチ」と呼ばれている。スイミングスクールに通っているが、運痴(運動音痴)。 関連ページ:承売 運一

その正体は、和尚に転生した山田侍浪とともに交通事故で死んだ飼い猫のタマ。 関連ページ:餓丸坊

SHARE
EC
Amazon
logo