匂の宮

あさきゆめみし(漫画)の登場人物。読みは「におうのみや」。別称、三の宮。光源氏とは親族関係にある。

  • 匂の宮
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
あさきゆめみし(漫画)
正式名称
匂の宮
ふりがな
におうのみや
別称
三の宮

総合スレッド

匂の宮(あさきゆめみし)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

光源氏明石の上の娘・明石の中宮と今上帝の三男。明石の中宮の息子であることから、義理の祖母である紫の上に育てられる。とは幼なじみ。光源氏に憧れを抱いており、その息子であるに対抗心を持っている。親王という立場にもかかわらず、自分が真に愛した人を妻にしたいという願望を持ち、理想の女性を追い求めている。

が宇治の八の宮へ足繁く通う噂を聞きつけ、八の宮の姫君への取り次ぎを頼むなど、恋に関しては情熱的で積極的。

登場人物・キャラクター

光源氏の異母兄である八の宮の娘。大君・中の君とは異母妹となる。幼い頃に父親と生き別れ、再婚した母親とともに常陸の国にいたが、養父の任期が明けたことで上京した。その際、姉である中の君へと挨拶に行き、薫に...
表向きは光源氏の息子ということになっているが、実は柏木の息子。母は女三の宮。生まれながらにして芳しい香りをまとっていることから「薫」と呼ばれる。幼い頃に自分が光源氏の本当の子ではないと知り、そのため自...
桐壺帝の第二皇子。母は桐壺更衣。幼少の頃から輝くばかりの美貌と才能に恵まれ、「光る君(ひかるきみ)」と綽名される。母は三歳のとき亡くなる。母に似る女性・藤壺への思慕が初恋となり、その面影を求めて生涯様...

登場作品

平安時代、桐壺帝の第二皇子で絶世の美男子である光源氏が、理想の女性を求め様々な女性と関わりを持ちながら、栄華を極めていく。序盤から中盤にかけては、主に光源氏の恋愛遍歴が描かれるが、中盤以降は光源氏の人...