古谷 三敏

古谷 三敏

ボクの手塚治虫せんせい(漫画)の主人公。読みは「ふるや みつとし」。別称、古谷。

登場作品
ボクの手塚治虫せんせい(漫画)
正式名称
古谷 三敏
ふりがな
ふるや みつとし
別称
古谷
別称
フルさん
関連商品
Amazon 楽天

概要

茨城県出身。1959年から4年半、漫画家手塚治虫のアシスタントとして働いた。本作はその時代を描いた実録エッセイ作品である。アシスタント仲間からは「フルさん」と呼ばれた。手塚の靴を勝手口に移して編集者からの逃亡を助けたり、手塚の結婚披露宴に出席したりと、公私に渡って手塚と深く交流し、多大な影響を受けた。

手塚のアシスタント卒業後は、1964年から12年間、漫画家赤塚不二夫のアシスタントを務めた。代表作は『ダメおやじ』『BARレモン・ハート』『寄席芸人伝』など。実在の漫画家、古谷三敏がモデル。

登場作品

ボクの手塚治虫せんせい

少年古谷三敏は、出身の茨城県郊外で漫画家を目指して漫画の通信教育に作品を送る毎日を過ごしていた。その作品を漫画家手塚治虫に注目され、ある日突然アシスタントに勧誘された。緊張と期待に胸を膨らませながら東... 関連ページ:ボクの手塚治虫せんせい

SHARE
EC
Amazon
logo