叶屋 喜兵衛

叶屋 喜兵衛

ふたがしら(漫画)の登場人物。読みは「かのうや きへい」。

登場作品
ふたがしら(漫画)
正式名称
叶屋 喜兵衛
ふりがな
かのうや きへい
関連商品
Amazon 楽天

概要

平塚の宿場で旅籠・叶屋を営む。叶屋は裏で賊に隠れ家を提供したり、金や文を預かる盗賊宿である。知らずに泊まった弁蔵宗次に仕事の手配をし、稼いだ金を預かった。ふたりが大阪から戻った頃には、平塚ではなく川崎に新たな旅籠を開いていた。常に弁蔵宗次の同行を把握し、すべてを見透かした上で行動する底の知れない人物。

関連キーワード

壱師

『ふたがしら』登場する組織。弁蔵と宗次がふたがしらとなって立ち上げた盗賊一味。殺しをしないあざやかな手口で盗みを行うことを信条としている。壱師は曼珠沙華の別称とされ、夜坂の隠居の墓の側に曼珠沙華が咲いていたことから、新たな盗賊一味の名前が壱師となった。

登場作品

ふたがしら

江戸時代、盗賊「赤目」の一味を抜けた弁蔵と宗次が新たな盗賊一味を作り上げていく時代劇マンガ。オノ・ナツメ作『さらい屋五葉』の登場人物・仏の宗次と鬼蜘蛛の弁蔵の若き日を描いた作品。 関連ページ:ふたがしら

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
弁蔵
宗次
集団・組織
logo