叶屋 喜兵衛

ふたがしら(漫画)の登場人物。読みは「かのうや きへい」。

  • 叶屋 喜兵衛
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ふたがしら(漫画)
正式名称
叶屋 喜兵衛
ふりがな
かのうや きへい

総合スレッド

叶屋 喜兵衛(ふたがしら)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

平塚の宿場で旅籠・叶屋を営む。叶屋は裏で賊に隠れ家を提供したり、金や文を預かる盗賊宿である。知らずに泊まった弁蔵宗次に仕事の手配をし、稼いだ金を預かった。ふたりが大阪から戻った頃には、平塚ではなく川崎に新たな旅籠を開いていた。常に弁蔵宗次の同行を把握し、すべてを見透かした上で行動する底の知れない人物。

関連キーワード

『ふたがしら』登場する組織。弁蔵と宗次がふたがしらとなって立ち上げた盗賊一味。殺しをしないあざやかな手口で盗みを行うことを信条としている。壱師は曼珠沙華の別称とされ、夜坂の隠居の墓の側に曼珠沙華が咲い...

登場作品

江戸時代。盗賊「赤目」の頭目・辰五郎のいまわの際に一味の今後を託された弁蔵と宗次。しかし、遺言が出てきたことにより、跡目は辰五郎の弟分甚三郎がとることとなった。納得いかない二人は一味を抜け、「でっかい...