名楽羌子の母親

名楽羌子の母親

セントールの悩み(漫画)の登場人物。読みは「ならくきょうこのははおや」。

登場作品
セントールの悩み(漫画)
正式名称
名楽羌子の母親
ふりがな
ならくきょうこのははおや
関連商品
Amazon 楽天

概要

名楽羌子の母親。形態は角人。前髪を目の高さで切り、胸のあたりまで伸ばしたウェーブヘアをしている。他の角人同様耳は頭頂部にあり、耳の付け根から羊のような角が生えている。角が丸まり、とぐろを巻いているのが特徴。子どもたちとは滅多に会わず離れて暮らしており、夫に任せきり。久しぶりに会った羌子にも「生きていたのか」と言われるほどの放任主義。

非常に裕福らしく、家には使用人がいる。

登場作品

セントールの悩み

世界観ファンタジーが題材。現実の人類とは違う「六本肢」と呼ばれる形で進化を遂げた人類たちが暮らす世界が舞台。人類は下半身が馬の「人馬」、竜の翼としっぽを持つ「竜人」、天使の輪のような髪の毛と翼を持つ「... 関連ページ:セントールの悩み

SHARE
EC
Amazon
logo