吼えろペン

吼えろペン

炎プロで常に〆切に追われる漫画家炎尾燃がアシスタント達と共に、編集者が持ちかける無理難題や降りかかるトラブルを乗り越えていく。『燃えよペン』の続編に当たるが、アシスタントの顔ぶれは一新されている。

概要

東京近郊にある漫画家の事務所・炎プロ。そこでは熱血漫画家炎尾燃が常に〆切に追われている。ある時、炎尾は講師をしたことがある専門学校のコミック科の学生に対し、臨時のアシスタントを募集した。それをきっかけに新人アシスタントとなった前杉英雄を加え、炎プロ一同は様々な危機に遭遇しながら漫画を作り上げていく。

登場人物・キャラクター

炎尾 燃

「熱血」を信条とする、中堅からベテランといった世代の漫画家。常にラグビーのヘッドギアを着用している。炎プロという事務所を構え、アシスタント達を従えながら複数の仕事をこなしている。年齢相応に落ち着いており、若い前杉英雄を諭したりもするが、しばしば熱い情熱を燃え上がらせる。

前杉 英雄

専門学校のコミック科に通う漫画家志望の若者だが、炎プロの臨時アシスタントとなり、以後、新人アシスタントとして定着する。通称は「ヒーロー」。漫画に強い熱意で取り組むが、気負いすぎて失敗することが多い。炎プロへの通勤をはじめ、常に自転車で移動する。

ヤス

炎プロのチーフアシスタントで、背景の作画及び全体の仕上げの指示を担当。常に冷静で、熱くなりがちな炎プロの面々を宥める役割。原稿を〆切に間に合わせることを重視しており、炎尾燃の指示に背いて作画の行程を減らすこともある。

大哲

炎プロのアシスタントで、背景の作画などを担当している。特撮・アニメのヒーロー番組とその関連グッズをこよなく愛しており、ヒーロー特撮のセリフや主題歌の歌詞をよく引用して話す。

炎尾燃とそっくりの絵を描ける漫画家。炎尾燃(ほのおもゆ)のペンネームで作品を発表し、本物の炎尾燃を打倒しようとする。正体は炎尾燃の熱心な女性ファンで、正体を明かし、改心した後は炎プロの非常勤アシスタントとなった。炎尾燃を敬愛し「アニキ」と呼ぶ。

星 紅

高学館の漫画雑誌『月刊シャイニング』の編集デスクで、常にカブト状の仮面をかぶっている女性編集者。雑誌作りへの使命感が非常に強く、逆らう者には漫画家や他社の編集者であっても容赦しない。得意技は膝蹴り。

赤森

高学館の漫画雑誌『月刊シャイニング』の編集者で、炎尾燃の担当。負傷して星紅が代役になった事もある。炎尾とは長いつきあいだが、話し合いでもめてケンカ腰になる事も多い。

高学館の漫画雑誌『月刊シャイニング』の編集長で、45歳。特に優れた能力はないと見られており、「棚からボタ餅」で編集長の座についた運の良さから「ボタQ」と呼ばれているとされる。実績を上げる意欲は持ってい... 関連ページ:ボタQ

富士鷹ジュビロ

炎尾燃の最大のライバルとされる漫画家。先端にピエロのような玉がくっついた、鼻が特徴的。自分の漫画に強い情念と責任感を抱き、読者の少年少女に愛と勇気を与えることを己の使命としている。そんな自己の主張を語りだすと、次第に熱が入っていき、描画が奇怪に変化していく。漫画家の藤田和日郎がモデルとされている。

流れ星 超一郎

炎尾燃と仲が良く、よく会っている漫画家。漫画の伏線を回収するような物語をまとめる事を重視せず、毎回きちんと面白いことや、次回の思わせぶりな展開を匂わせることを優先させる。

ジャイ藤 キック

炎尾燃より15年先輩の、大家とまで呼ばれるベテラン漫画家。〆切の直前でも海外旅行に出て豪遊する、豪快さを持つ。炎尾とは仲が良く、不在の際には炎尾が手の空いているアシスタントばかりか仕事場を借りたことさえある。

サブリミナル鷹

密室に女性を監禁して責める、耽美なタッチの漫画を描く漫画家。作風に合わせ、高額の報酬で雇った女性アシスタントを洋館に住まわせ、監禁のイメージを高めていた。前杉英雄の勘違いで洋館が燃えてしまうが、それを快く許し心機一転して筋肉質の男たちと男臭い漫画を描くようになる。

雷鳴 響亮

萌が連載する『少年ギャップ』の編集者で、彼女の新担当として初登場する。萌のツボにはまる容姿と、編集者としての有能さから、萌は恋心を抱いてしまう。しかし妻子持ちである事が判明し、萌も気持ちを切り替えて漫画家と編集者の良いコンビネーションを築く。

集団・組織

炎プロダクション

『吼えろペン』に登場する組織。東京都のレンタルビデオ店2階にあり、漫画家炎尾燃がヤス、大哲、前杉英雄らが日々原稿作成に勤しんでいる。後に非常勤アシスタントとして萌が来ることがある。

書誌情報

吼えろペン :Comic bomber 全13巻 小学館〈サンデーGXコミックス〉 完結

第1巻

(2001年8月発行、 978-4091570215)

第2巻

(2001年9月発行、 978-4091570222)

第3巻

(2002年1月発行、 978-4091570239)

第4巻

(2002年5月発行、 978-4091570246)

第5巻

(2002年8月発行、 978-4091570253)

第6巻

(2003年1月発行、 978-4091570260)

第7巻

(2003年5月発行、 978-4091570277)

第8巻

(2003年8月発行、 978-4091570284)

第9巻

(2003年11月発行、 978-4091570291)

第10巻

(2004年2月発行、 978-4091570307)

第11巻

(2004年8月発行、 978-4091572912)

第12巻

(2004年8月発行、 978-4091572929)

第13巻

(2005年1月発行、 978-4091572936)

吼えろペン :Comic bomber 全1巻 小学館〈サンデーGXコミックス〉 完結

第1巻 吼えろペン・幻の最終回

(2010年7月発行、 978-4091572271)

SHARE
EC
Amazon
logo