和登 千代子

和登 千代子

三つ目がとおる(漫画)の登場人物。読みは「わと ちよこ」。別称、和登サン。

登場作品
三つ目がとおる(漫画)
正式名称
和登 千代子
ふりがな
わと ちよこ
別称
和登サン
関連商品
Amazon 楽天

概要

寺の住職の娘。自分のことを「ボク」といい、けんかでは男子に負けない。絆創膏をはがしたときの写楽保介に惹かれる一方、必要に迫られれば、色仕掛けも使って絆創膏をはり、写楽保介に絆創膏をはることができる数少ない人間として頼りにされる。寺では住職の父から、寺の修行のほか、武芸、茶道、花道など厳しくしつけられる。

関連人物・キャラクター

写楽 保介

額に第3の目をもつ古代人、三つ目族の生き残り。IQは7~800という知能を持つが、三つ目を絆創膏で隠していると、三つ目族の能力も闘争心もなくなり、学力は小学校1年生程度、やることは幼稚園なみとなる。養... 関連ページ:写楽 保介

登場作品

三つ目がとおる

普段は幼稚園児なみの無邪気な少年、写楽保介は現代人よりもはるかに優秀であった古代人、三つ目族の生き残りであった。額に貼った絆創膏の下には第3の目があり、三つ目でいる間は三つ目族の力を発揮し、古代史の謎... 関連ページ:三つ目がとおる

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
写楽 保介
ポキ
集団・組織
場所
その他キーワード
ボルボック
logo