嘉納 治五郎

嘉納 治五郎

コンデ・コマ(漫画)の登場人物。読みは「かのう じごろう」。

登場作品
コンデ・コマ(漫画)
正式名称
嘉納 治五郎
ふりがな
かのう じごろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

講道館館長。明治初期、古流柔術から危険な技を排除。死合を禁じ、ルールを定めてお互いを高めあうスポーツとしての柔道を創始した人物。飄々としており、外国かぶれの英語交じりで話す。ボクシング、レスリングなど西洋のスポーツにも通じる。同名の実在人物がモデル。

登場作品

コンデ・コマ

1905年7月。講道館の富田、大山、佐川、前田光世の4人は、柔道を海外に普及させるべくニューヨークにいた。しかし、渡米後まもなく、富田がフットボール選手との試合で引き分けるという、大失態を演じる。「柔... 関連ページ:コンデ・コマ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
前田 光世
前田 了
東郷 幻舟
横山 作次郎
富田 常次郎
山下 義韶
西郷 四郎
ケイト
ベン・ムーン
その他キーワード
死合
logo