四貫目

サスケ(漫画)の登場人物。読みは「しかんめ」。サスケとはライバル関係。

  • 四貫目
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
サスケ(漫画)
正式名称
四貫目
ふりがな
しかんめ

総合スレッド

四貫目(サスケ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

白土三平の他作品にも登場する定番キャラクターで、カブト割り手裏剣を使った無角の術を得意とする凄腕の伊賀忍者。サスケとの腕比べで圧倒した後、領主からの年貢取り立てに苦しむ村人たちに味方したサスケに対して、領主に自分を売り込んで敵に回った。お互いの授けた策で村人たちと領主配下の侍たちが戦った後、報酬を惜しんだ領主が差し向けた忍者集団尾根のユガヨとその一族を壊滅させている。

対するサスケは尾根のユガヨが着ていたクサリカタビラを投網に加工して無角の術を破ったが、四貫目は陽炎の術を使って敗れたと見せかけ、去っていった。その後もキコリ部落のキコリたちとサカハギの狩人たちとの争いにサスケ共々関わるなど、敵とも味方とも知れぬ行動を取り続けている。

登場人物・キャラクター

甲賀流忍者の父親大猿大助から猿飛の術を受け継ぎ、子供ながら微塵がくれや炎がくれなど様々な忍術を駆使する少年忍者。母親を公儀隠密に殺され、その思慕の念に強く囚われることになる。大猿大助と共に諸国を放浪し...

登場作品

江戸時代初期、猿飛の術を使う甲賀流忍者の子供として生まれたサスケは父の大猿大助と共に諸国を放浪。徳川家康に逆らう猿飛の忍者を狙う公儀隠密や柳生忍群に追われながら、虐げられる百姓やキリシタンの味方となっ...