土方 歳三

土方 歳三

ゴールデンカムイ(漫画)の登場人物。読みは「ひじかた としぞう」。

登場作品
ゴールデンカムイ(漫画)
正式名称
土方 歳三
ふりがな
ひじかた としぞう
関連商品
Amazon 楽天

概要

かつては新撰組の「鬼の副長」と恐れられていた老人。外見や実年齢は70歳過ぎであるが、見た目以上の若々しさを誇る。函館戦争で戦死したと思われていたが、網走監獄の典獄、犬童四朗助の手によって密かに幽閉されていた。体中にアイヌ民族の金塊の在処を示す刺青(通称、刺青人皮)を持つ24人の死刑囚の1人にして親玉。おとなしい模範囚として知られていたが、金塊を横取りしようとしていた屯田兵に移送されていた途中、兵士から刀を奪って斬り殺し、凶暴な本性を露わにした。北海道を蝦夷地として独立させるべくアイヌ民族の金塊を追い、その計画の邪魔になる第七師団の殲滅を目論み、永倉新八牛山辰馬を始めとする協力者を集めている。剣の腕はまったく衰えておらず、小樽の銀行から奪い取った愛刀、和泉守兼定とウィンチェスター・モデル1892ライフルを武器に戦う。好物は細かく刻んだたくあんを乗せたお茶漬け。歴史上の実在の人物、土方歳三がモデル。

登場作品

ゴールデンカムイ

舞台は明治時代後期の北海道。日露戦争に従軍して「不死身の杉元」と謳われた兵士、杉元佐一が、戦友であった寅次の妻、梅子を救う大金を得るため、死刑囚たちが隠したという莫大な埋蔵金を追って、大自然に生きるア... 関連ページ:ゴールデンカムイ

SHARE
EC
Amazon
logo