大呼吸

大呼吸

達人伝 -9万里を風に乗り-(漫画)、荘丹が祖父の荘子から唯一教わった深呼吸のこと。読みは「だいこきゅう」。

登場作品
達人伝 -9万里を風に乗り-(漫画)
正式名称
大呼吸
ふりがな
だいこきゅう
関連商品
Amazon 楽天

概要

荘子は大呼吸を「生きる極意」と呼び、「深く深い呼吸を繰り返すことで、全身に血が巡るのを感じよ。自ずから然り、自分を自然に還す。水のように、赤子のようにあるがまま」と教えた。そのため、荘丹はここ一番という時にこそ大呼吸をし、心を落ち着けてから弁舌をふるうようにしている。

また、大呼吸の効能の高さは荘丹の周囲にも知れ渡っており、いざという時は仲間たちもこの大呼吸をしている。

登場作品

達人伝 -9万里を風に乗り-

作品誕生のいきさつ王欣太は、コミックスのカバー折り返しにある作者コメントにて、本作『達人伝 -9万里を風に乗り-』誕生のいきさつについて語っている。当初、「漫画アクション」編集者に執筆を依頼されたのは... 関連ページ:達人伝 -9万里を風に乗り-

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo