天津 忠明

朝霧の巫女(漫画)の登場人物。読みは「あまつ ただあき」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
朝霧の巫女(漫画)
正式名称
天津 忠明
ふりがな
あまつ ただあき

総合スレッド

天津 忠明(朝霧の巫女)の総合スレッド
2016.08.23 17:39

概要

天津忠寿の父。こまの夫。乱裁道宗の手により片腕と片目を失い、その際両親も殺された。髪は白く、失った左目は眼帯を着用している。天津家一族に伝わる審神者の力が強く、失った左手に天津彦根神を顕現させていた。その後はこまを娶り、天津堂という店を建て、平穏無事に暮らして老衰で息を引き取った。

登場作品

天津忠尋は、母である天津結実の置き手紙を読み、従妹である稗田柚子ら姉妹が住む広島県三次市に引っ越す。しかしその日から、乱裁道宗による妖怪の襲撃を幾度となく受け、主上と呼ばれる敵の主が、自身の審神者とし...