奥村 雪男

青の祓魔師(漫画)の登場人物。読みは「おくむら ゆきお」。奥村燐とは親族関係にある。

  • 奥村 雪男
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
青の祓魔師(漫画)
正式名称
奥村 雪男
ふりがな
おくむら ゆきお

総合スレッド

奥村 雪男(青の祓魔師)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

奥村燐の双子の弟。眼鏡を着用しており、左目下と口元にほくろがある。悪魔のことを知らなかった奥村燐と違い、出生時に兄から魔障を受け、悪魔の姿が見えていた。当初は悪魔の存在に怯えていたが、13歳の時に史上最年少で祓魔師になるほど成長している。戦闘では二丁拳銃を使用。

奥村燐たちの通う祓魔塾では講師を務めている。身体が弱く未熟児で生まれたため、サタンの力は受け継いでいない。その生い立ちからか兄を守るため感情を抑制する癖が付いてしまい、同じ祓魔塾講師の霧隠シュラからは「悪魔落ちしやすいタイプ」と指摘されている。

登場人物・キャラクター

人間の母と魔神・青焔魔(サタン)の間に生れた子ども。覚醒後は黒く長い悪魔の尻尾と尖った耳、鋭い牙などの悪魔の特徴が表れる。素行不良で喧嘩っ早いが、根は優しく情に厚い。サタンによって殺された育ての親であ...

関連キーワード

『青の祓魔師』で、主人公・奥村燐たちが通う祓魔師の養成機関。正十字学園の内部にあり、塾生たちは学園に通いながら放課後になると祓魔塾へと向かう。授業科目は悪魔薬学、悪魔学、体育・実技などさまざま。奥村雪...

登場作品

生まれてすぐ孤児となった双子の奥村燐と奥村雪男は、育ての親である藤本獅朗が神父を務める南十字男子修道院で育った。中学卒業後の進路に悩んでいた奥村燐は、ある日悪魔の存在を知り、自身が魔神・青焔魔(サタン...