学生 島耕作 就活編

学生 島耕作 就活編

「島耕作」シリーズの一つ。のちに大企業、初芝電産の経営幹部にまで上り詰める学生の島耕作が、初芝電産に就職するまでの奮闘を描く。就職活動を行うかたわらさまざまな女性と出会い、関係を持っていくラブロマンスも見どころとなっている。昭和40年代が舞台で、学生運動やグループサウンズといった当時の世相も反映されている。「イブニング」2017年12号から2018年16号にかけて連載された作品。

正式名称
学生 島耕作 就活編
ふりがな
がくせい しまこうさく しゅうかつへん
作者
ジャンル
サラリーマン
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

昭和44(1971)年、大学卒業を控えた島耕作は、卒業後の進路を決めるための就職活動に勤しんでいた。海外を相手にしたグローバルな仕事をしたいと考えていた耕作は、大学の先輩や寮の友人達から情報を集めた末に、大手電機メーカー、初芝電産の入社試験を受ける事を決意する。友人の樫村健三と共に試験に臨んだ耕作は、筆記試験のあと面接を受けるものの結果は不採用だった。一方の樫村は採用の内定を受け取るが、樫村は初芝電産の上層部に対して耕作を採用するように直訴。それを受けて初芝電産は改めて耕作の身辺調査をやり直し、結果的に耕作は初芝電産からの内定を勝ち取る事に成功する。あとは大学卒業を待つのみとなった耕作は、叔父の島権之介のアドバイスもあり、社会人のマナーとしてゴルフを練習する事にする。ゴルフのレッスンを始めた耕作は、レッスン場で小石川涼子という女性と出会い、彼女の経営するチョコレートショップでアルバイトをするようになる。だがその直後、耕作は恋人の最上陶子から別れを切り出される。

第2巻

小石川涼子は、島耕作がアルバイトを始めてから間もなく、チョコレートショップの閉店を告げる。彼女はホテルで執筆活動を行う作家の愛人だったが、その作家から別れを切り出され、手切れ金代わりに銀座の一等地を与えられたのだという。涼子はそこでナイトクラブを開店し、耕作にもその手伝いを依頼。こうしてナイトクラブでボーイとして働く事になった耕作は、バーテンダーの松井奈緒子という女性と知り合うのだった。その後、耕作は卒業の時期が近づいて来た事もあり、勉学に専念するためナイトクラブのアルバイトを辞める。折しも、耕作の通っていた大学は学生運動のためにしばらく授業が中断されていたが、事態の沈静化に伴い、少しずつ授業が再開されるようになっていた。耕作は卒業試験の準備に入るが、その合間にナイトクラブのアルバイトで知り合った奈緒子との逢瀬を重ねていた。

第3巻

大学卒業を控え、試験勉強を続ける島耕作は、その合間にナイトクラブのアルバイトで知り合った松井奈緒子との関係を深めていた。年が明けて昭和45年、耕作は奈緒子と共に新しい年を迎えるが、その直後にかつて関係を持った事のある三沢淳子と鉢合わせしてしまう。淳子と奈緒子は共に小石川涼子のナイトクラブで働く同僚だったが、耕作をめぐるトラブルのために気まずい関係となってしまい、結果的に淳子は店を辞める事になる。さらに奈緒子もまた、仕事中に客と諍いを起こしてしまい、その責任をとって涼子のナイトクラブを辞めていくのだった。その後、耕作は初芝電産の入社式に着ていくスーツを奈緒子に見立ててもらう事になるが、そこへ奈緒子の実家から、彼女の母親が危篤との電報が届く。奈緒子は実家のある鳥取へと戻り、そのまま地元で結婚すると告げて耕作のもとから去る。耕作は奈緒子や淳子、そしてこれまでに出会った多くの人々の事を思いながら大学を卒業、初芝電産に入社する。

登場人物・キャラクター

島 耕作

ワセダ大学に通う男子大学生。卒業を控えて就職活動を始める。山口県から上京し、大学で勉学に励みながら、将来は海外での活動を視野に入れたグローバルな仕事がしたいと考えるようになる。誰に対しても別け隔てなく接し、特に女性に対しては優しいため、松井奈緒子や三沢淳子といったさまざまな女性達と関係を持つ。しかし、その優しさが却って女性達の気持ちを傷つけてしまう事も多い。自身の理想とする仕事ができる可能性を感じ、初芝電産の入社試験を受験し、樫村健三のおかげもあり、内定を受ける事となる。

樫村 健三

ワセダ大学に通う男子大学生。島耕作とは入学後に入った寮で知り合い、その後は公私にわたり耕作のよき友人となる。耕作に対しては尊敬に近い思いを抱いており、のちに耕作と共に初芝電産の入社試験を受験する。初芝電産からは卒業後の内定を受け取るが、同時に受験した耕作が不採用になった事を知り、自身の内定取り消しを覚悟で耕作の再考査を要求する。その甲斐あって耕作は初芝電産から内定をもらう事となり、共に初芝電産に入社する。

小石川 涼子

チョコレートショップの店長を務める女性。ゴルフの練習を始めた島耕作とゴルフ場で出会い、耕作に自身の店でのアルバイトを勧めた。その後、銀座でナイトクラブをオープンするなど、つねに前向きで精力的に活動している。学生ながらさまざまな心配りのできる耕作に大きな信頼を寄せ、店の経営についての相談もしていた。また、耕作に対して社会人としての責任感を説き、薫陶した人物でもある。

松井 奈緒子

小石川涼子の始めたナイトクラブで、バーテンダーとして働く女性。ボーイとして働く島耕作と出会い、互いに惹かれ合っていく。顔と性格が悪いという自覚があり、その事に対してコンプレックスを抱いている。実家は鳥取で工務店を経営しており、そんな実家に反発して上京していたが、母親の危篤を機に帰郷。その後は地元の男性と結婚し、実家の工務店で働く事を決意する。耕作の優しさを認めながらも、自分のような女性では彼をつなぎとめておく事はできないとも思っていた。

三沢 淳子

島耕作の知人の女性。北朝鮮出身の在日朝鮮人だが、祖国である北朝鮮には帰らずに日本の芸能界で活躍する事を夢見ていた。耕作の紹介で、小石川涼子のナイトクラブで働き始めた。耕作とは互いに憎からず思っていたが、すれ違いが続いた末に、耕作が松井奈緒子といっしょにいるところで鉢合わせになってしまう。それがきっかけで奈緒子とのあいだに軋轢を生じさせ、涼子の店を退職した。その後は自分の店をオープンさせ、夜の世界で生きていく事を決意する。

最上 陶子

ワセダ大学に通う女子大学生。島耕作とは恋人同士だったが、耕作が女性に対して優しすぎる事に不満を抱き、東北沢淳と付き合うようになる。美容整形をした過去があり、その過去を逆にアピールするという方法で就職の面接をクリア、雑誌の編集者になる。耕作に対しては、もう少し強引に自分の事を引っ張ってほしいという希望を抱いていたが、その気持ちが耕作に伝わる事はなかった。

東北沢 淳

ワセダ大学に通う男子大学生。島耕作とはワセダ大学の入試で知り合い、弁当を食べている耕作に対して「クラムチャウダー」を勧めた事から、耕作からは「クラムチャウダー」のあだ名で呼ばれている。学生運動に傾倒していたが、作家になる事を決意し、処女作が賞を受けたため大学を中退する。その後、耕作のかつての恋人である最上陶子と付き合うようになる。

島 権之介

島耕作の叔父。石油会社の専務を務めており、初芝電産から内定を受け取った耕作に対して、ゴルフを始めるようにアドバイスをする。近い将来、「モノづくり」が日本を支える時代が来るという考えを持ち、メーカーである初芝電産への入社を決めた耕作を高く評価。その後も、新社会人となる耕作にさまざまな心構えを説く。

神代 周太郎

ワセダ大学に通う男子大学生。島耕作とは同郷の出身で、幼い頃から「神童」と呼ばれるほどの秀才だった。正義感の強い性格で、将来は裁判官になるという夢を抱いていたが、大学では「革命家」と称して学生運動に参加していた。機動隊との衝突の末に命を落とす。

集団・組織・グループ

初芝電器産業

『島耕作シリーズ』に登場する架空の企業。島耕作が勤めている日本最大手の電器メーカーで、カリスマ経営者吉原初太郎が町工場から育て上げた。初代社長吉原初太郎、第2代社長木野穣、第3代社長苫米地功、第4代社... 関連ページ:初芝電器産業

関連

島耕作シリーズ

大手電機メーカー初芝電器産業に務める島耕作が課長から社長へと昇進して活躍する約30年間を描いた弘兼憲史の代表的シリーズ作品。初期はサラリーマンの悲哀、オフィスラブを中心にした物語だったが、出世するにつ... 関連ページ:島耕作シリーズ

SHARE
EC
Amazon
logo