愛してるぜベイベ★★

突然、5歳の女の子の面倒を見ることになった男子高校生が、様々な問題にぶつかりながらも、家族や友人、恋人に支えられ、共に乗り越えていくホームドラマ。愛らしい5歳の少女・坂下ゆずゆと、世話役の男子高校生・片倉結平によるハートフルな触れ合いが描かれる一方、育児放棄や虐待、いじめといった、重いテーマもフォーカスされていく。また、並行して高校生のリアルな恋愛模様を描いた、ラブストーリーも展開。

正式名称
愛してるぜベイベ★★
作者
ジャンル
家族
レーベル
りぼんマスコットコミックス(集英社) / 集英社文庫(集英社)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

モテモテで女の子が大好きな男子高校生・片倉結平は、女遊びにかまけた気楽な高校生活を過ごしていた。しかし、ひとりの少女が片倉家に引き取られたことで、彼の日常は一変する。結平の従妹にあたる、その少女の名前は坂下ゆずゆ。父親を亡くし、母親が失踪してしまったゆずゆはまだ5歳の女の子で、結平はそんな彼女の世話役を務めることに。

もちろん子育ての経験など全くない結平だったが、寂しい思いを抱えながらも健気にがんばるゆずゆを前にして、精一杯、母親の代わりを務めようと奮闘していく。

登場人物・キャラクター

片倉 結平

女の子にモテモテで女ったらしな男子高校生。年齢は17歳。基本的にはバカだが表裏のないあけすけな性格で、人の気持ちを察して行動できる心根の優しい少年でもある。片倉家に預けられた従妹の少女・坂下ゆずゆの世話役に任命され、母親代わりとなって奮闘することに。やがて、彼女の面倒を見ていくうちに愛情が芽生え、幼稚園の送り迎えに、手作り弁当の用意、一緒の布団での寝かしつけなど、あらゆる場面でゆずゆを最優先させていくようになる。 ゆずゆの良き保護者となったことや、クラスメイトの少女・徳永心と恋仲になったことから、女遊びからも足を洗った。

坂下 ゆずゆ

父親が亡くなり、母親が失踪したことで片倉家に引き取られた5歳の女の子。片倉結平にとっては母方の従妹にあたる。明るく素直な性格で、世話役となった結平にとても懐いており、将来は結婚してもいいと思うほど。一方で母親を恋しがってもいるようで、周囲の大人たちに遠慮してか、あまり表には出さないが、寂しい思いを抱えている。 また、結平に負担をかけていることを察して、自分ひとりで幼稚園から帰ろうとするなど、健気な姿を見せることも。

徳永 心

片倉結平と同じ高校に通う女子高生。無愛想な少女でクールを装ってはいるものの、本当は寂しがり屋で繊細な心の持ち主。幼い頃に母親と死別しており、折り合いの悪い父親の再婚をきっかけに一人暮らしを始めた。強がってはいるが本当は家族と一緒に暮らしたいと願っている。そんな中、結平の裏表のない底抜けなあけすけさに惹かれ彼と恋仲に。 だが、母親のいない今の坂下ゆずゆには結平が必要であると遠慮し、距離を置こうとする。しかし、結平の要望もあって、片倉家に迎え入れられ、一緒に暮らすようになった。

坂下 ミキ

坂下ゆずゆの亡くなった父方の従姉で、14歳の不良娘。いつもナイフを持ち歩いており、頭がイってると自称しているが、本当は自分の居場所を求めている悲しい女の子。ゆずゆを引き取ると言って片倉家に乗り込んできたが、それは家出するための方便だった。かつては進学校に通う優等生だったものの、問題のある教師に睨まれたことが原因で、傷害レベルのいじめを受けることに。 親に心配をかけまいと、そのことを黙っていたことで自分自身を追い詰めてしまい、結果的に家族と対立して荒んでしまった。現状に絶望し自殺しようとするが、ゆずゆとの交流や結平の言葉で自分が必要とされていることを知り、もとの優しい心を取り戻していく。

片倉 鈴子

片倉家の長女にして最大の権力者。片倉結平の姉でもある。たかの友貴で働く自称23歳のエステティシャン。基本的に坂下ゆずゆの子守りは結平に丸投げしているが、幼稚園の保育参観に赴いたり、髪の毛を結ってやったりなど、何かとこの幼い従妹のことを気にかけている。大人の女性として子育てに悩む結平に助言を与えることも少なくない。 実は子供が産めない身体で、自分がどんなに望んでも手に入らない恵まれた状況にありながら、娘を捨てた叔母の坂下都に対して強く憤っている。

片倉 皐

片倉結平の弟で、片倉家の次男。年齢は12歳。いつもクールな天才肌の少年で、生れてすぐ「ぼく さつき」などと流暢に話し始め、結平を除く家族からは1週間ほど「魔王の子」と恐れられたという逸話を持つ。子供が苦手だと公言しており、積極的には坂下ゆずゆの子育てに関与してこないものの、修学旅行中の結平に代わり、彼女の面倒を見るなど根は優しい。

坂下 都

坂下ゆずゆの母親で、片倉結平にとっては母の妹、つまり叔母にあたる。夫を亡くしたことで、子育てしていく自信を失い、ゆずゆを残して行方をくらませてしまった。実は夫を亡くし心が不安定な状況で、感情に任せて娘を叩いてしまい、そんな自分自身を恐れてゆずゆとの距離をとることを決意。 変装して娘の様子を見に来ており、自分自身が強くなれた時、ゆずゆを迎えにいきたいと願っている。

まりか

坂下ゆずゆと同じ幼稚園に通う、おませでちょっと意地悪な女の子。最初は母親のいないゆずゆを邪険に扱っていたが、すぐに仲良くなった。なお、幼稚園を訪れた片倉結平に一目惚れしており、彼から大切にされているゆずゆに嫉妬心を燃やすことも。

梨谷 翔太

坂下ゆずゆと同じ幼稚園に通う元気いっぱいの男の子。父親が失業しているせいで、心が荒んでしまった母親から虐待を受けているが、母親を大切に思っているため、周囲にはそのことを隠し続けていた。しかし、そのことを察した片倉結平の訴えをきっかけに、母親が優しい心を取り戻したことで救われる。 その後、家族で再起をはかるため、遠い場所へと引っ越していった。

アニメ

愛してるぜベイベ★★

夫を亡くし、女手1つでの子育てに不安を感じた坂下都が、親戚の片倉家に5歳の少女坂下ゆずゆを置いて蒸発してしまった。片倉家を仕切る姉、片倉鈴子の命により、高校3年男子の片倉結平がゆずゆの保護者代わりとな... 関連ページ:愛してるぜベイベ★★

書誌情報

愛してるぜベイベ 全7巻 集英社〈りぼんマスコットコミックス〉 完結

第1巻

(2002年11月発行、 978-4088564166)

第2巻

(2003年4月発行、 978-4088564524)

第3巻

(2003年8月発行、 978-4088564845)

第4巻

(2004年1月発行、 978-4088565156)

第5巻

(2004年5月発行、 978-4088565361)

第6巻

(2004年10月発行、 978-4088565651)

第7巻

(2005年3月発行、 978-4088565941)

愛してるぜベイベ★★ 全5巻 集英社〈集英社文庫〉 完結

第1巻

(2010年11月発行、 978-4086191791)

第2巻

(2010年11月発行、 978-4086191807)

第3巻

(2010年12月発行、 978-4086191814)

第4巻

(2011年1月発行、 978-4086191821)

第5巻

(2011年2月発行、 978-4086191838)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo