寄生獣

寄生獣

主人公泉新一は、人間の頭部を乗っ取る寄生生物に右手を奪われ、ミギーと名乗るその寄生生物と奇妙な共同生活を始める。やがて新一は、人間を捕食する寄生生物に対抗するために戦いへと身を投じていく。岩明均の代表作。

概要

ある日、ごく普通の高校生泉新一は、突如空から飛来した寄生生物に襲われてしまう。体内に入り込もうとする生物から身を守り、かろうじて頭への侵入は防いだが、右腕に寄生されてしまう。右腕を乗っ取った寄生生物は意識を持ち喋り出し、自らをミギーと命名。最初は困惑し、不気味なものとして扱う新一だが、徐々にあきらめ、共生の道を選ぶ。

一方、他の寄生生物達は次々と人間に寄生していき、人間を捕食していく。捕食現場は悲惨な状態であり、「ミンチ殺人事件」と呼ばれ、人々の不安を煽っていた。共生という特異な道を選んだ新一ミギーは、やがて他の寄生生物達から警戒され、襲撃を受けていく。

登場人物・キャラクター

主人公

平凡な男子高校生だったが、ある夜寄生生物に襲われ、右腕を奪われてしまう。最初は気味が悪いと思うも、徐々に慣れていき、ミギーと名乗る寄生生物との共存の道を選んでいく。その後、特異な例として数学教師、田宮... 関連ページ:泉 新一

『寄生獣』に登場する寄生生物。泉新一の頭部に寄生しようとしたが失敗し、結果的に右腕に寄生することになる。「感情」という概念を持たず、自らの命と宿主である新一の生命以外には頓着をしない。旺盛な知識欲を持... 関連ページ:ミギー

『寄生獣』に登場する寄生生物。田宮良子により作られた、五体の寄生生物の集合体。全身を変形させることが出来、体を硬い寄生生物の鎧で覆っているため、銃撃などは通用しない。戦闘能力も高く、自衛隊を一部隊全滅... 関連ページ:後藤

『寄生獣』に登場する寄生生物。高い知能を持ち、寄生した人間の社会的地位をそのままになり替わることに成功した。研究意欲が旺盛で、寄生された人間との間に子供を作る実験を行った。寄生されながらも共生という道... 関連ページ:田宮 良子

村野 里美

泉新一のガールフレンド。ショートカットで、明るく元気な女子高校生。新一のことを気にかけつつも、変わっていく新一に不信感を覚えていく。

加奈

不良女子高生。単身で不良に立ち向かった泉新一に興味を持っており、彼が白馬に乗って迎えに来る夢を見ている。寄生生物の存在を察知する能力があるが、寄生生物の存在を知らず、それを新一だけを察知する能力と勘違いし、寄生生物の食事現場に遭遇してしまう。

泉 一之

泉新一の父親。元新聞記者で、現在はフリーライターとして家族を養っている。新一に対しては優しく理解のある父親である。

泉 信子

泉新一の母親。新一が幼いころに、彼の頭に落ちかけた油鍋を受け止めたやけど傷が右腕に残っている。夫との旅行中に寄生生物に殺害され、体を乗っ取られてしまう。

興信所の調査員。田宮良子から泉新一の身辺調査を依頼されたことから、寄生生物に深く関与することになる。一時は寄生生物の力に怯え、手を引こうとするものの、存在を危険視した寄生生物に家を襲撃され、家族を殺さ... 関連ページ:倉森

寄生生物。宇田に寄生しようとするも、体内に入った直後に宇田が崖から足を滑らせて海に転落。ひとまず宿主を生きさせるために、顔面下半分と胸の辺りと同化し、宇田の代わりに呼吸をした。宇田の顔を全面に使ったダ... 関連ページ:ジョー

宇田 守

ホテルの従業員。妻に逃げられて、傷心気味のなか夕日を見ていた際に寄生生物に襲われ、崖から転落して溺れてしまう。その時、寄生生物が顔の下半分と胸の辺りまで寄生し、呼吸をしたおかげで生き長らえる。人のいい性格であり、義理堅く、同じ共生の道を選んだ泉新一のことを心配している。

平間

警察官。食肉ミンチ事件を追う。老練な刑事で、寄生生物をただの獣でないと考え、実際に会った人たちの声から対策を練ろうと倉森から情報を引き出そうとした。

浦上

連続猟奇殺人鬼であり、人体をおもちゃのように分解して遊ぶことを好む。指名手配犯であり、逃亡中に寄生生物に興味を持って食事現場を観察していたところ警察に捕まった。人を寄生生物か否か見分ける力を持っており、自衛隊が広川ら寄生生物グループがいる市役所を襲撃した際、同行させられた。

早瀬 真樹子

伊豆で民宿を営む家の娘。学校をサボって買い物に来ていたところを、泉新一と出会った。家出と思い、泊まる宿のない新一を泊めるよう親を説得した。

島田 秀雄

寄生生物。田宮良子が泉新一を観察するために、新一に接近させた。町中のポスターに写っている俳優の顔に変化させ、ナンパをして捕食していた。同級生に正体を見破られ、殺そうとしたところ反撃され、硫酸を体内に取り込んだことで暴走してしまう。

A

寄生生物。田宮良子により泉新一と引き合わされた。寄生生物のミギーと共生している新一を危険と考え、新一の所属する高校に白昼堂々と乗り込んだ。

広川 剛志

東福山市市長。人間でありながら、人間を地球を蝕む寄生獣と考えており、人間を間引くことを目的に、寄生生物に協力している。寄生生物たちを組織化、人目につきにくい場所を食堂として確保するなど、人間を食べるルールを作った。その思想や立ち位置から、寄生生物と思われて射殺された。

山岸

陸上自衛隊二佐。寄生生物の広川らを市役所に閉じ込めて殺害する作戦の責任者となる。作戦遂行の為に、部下の死も一般人の死も意に介さなかった。寄生生物を順々に殺していくも、後藤に及ばず死亡した。

美津代

口は乱暴だが、親切な老婆。最初いきなり軒先に現れた泉新一を泥棒と勘違いするも、新一に悪意がないと気が付くと丁寧にもてなした。新一が戦いに向かうことに反対したが、決意が固いことを知ると力強く送り出した。

光夫

加奈に思いを寄せる不良。腕っ節が強く、喧嘩っ早い。加奈が思いを抱く泉新一のことが気に食わずに、幾度となく突っかかっていく。

三木

寄生生物。後藤と同じ体に寄生しており、後藤よりも精度は落ちるが、五つの寄生生物が寄生した体を操ることが出来る。後藤が体を統括している時は右腕を担当し、それゆえ三木という名前になっている。

由井

優秀な博士であり、島田秀雄の死にかけの細胞から、寄生生物と人間との見分け方を発見した。他人が自分と同程度の知識と有していると思う節があり、専門的内容でも、「ご存知のように」と前置きを入れるのが癖になっている。

『寄生獣』に登場する生物。他生物の体内へと侵入、脳を奪い頭部と同化し体を支配する寄生生物。本能に従い、人間の脳を奪うようになっているが、人間の腕や動物の頭に寄生する場合もある。同化した部分は伸ばしたり... 関連ページ:寄生生物

アニメ

寄生獣 セイの格率

イヤホンを付けたまま眠っていた高校生の泉新一は右腕の皮膚から進入した奇妙な生物に右手を乗っ取られ、その寄生生物と共生関係になってしまう。言葉を話す右手の寄生生物はミギーと名乗る。連日テレビで報道されて... 関連ページ:寄生獣 セイの格率

書誌情報

寄生獣 全8巻 〈アフタヌーンKCDX〉 完結

第1巻

(2003年1月発行、 978-4063346640)

第2巻

(2003年1月発行、 978-4063346657)

第3巻

(2003年2月発行、 978-4063346800)

第4巻

(2003年2月発行、 978-4063346817)

第5巻

(2003年3月発行、 978-4063346923)

第6巻

(2003年4月発行、 978-4063346978)

第7巻

(2003年5月発行、 978-4063347227)

第8巻

(2003年6月発行、 978-4063347340)

寄生獣 全10巻 〈講談社コミックスDX〉 完結

第1巻

(2014年8月発行、 978-4063770483)

第2巻

(2014年8月発行、 978-4063770490)

第3巻

(2014年8月発行、 978-4063770506)

第4巻

(2014年8月発行、 978-4063770513)

第5巻

(2014年9月発行、 978-4063770582)

第6巻

(2014年9月発行、 978-4063770599)

第7巻

(2014年9月発行、 978-4063770605)

第8巻

(2014年10月発行、 978-4063770728)

第9巻

(2014年10月発行、 978-4063770735)

第10巻

(2014年10月発行、 978-4063770742)

寄生獣 全8巻 講談社〈講談社文庫〉 完結

第1巻

(2014年10月発行、 978-4062779432)

第2巻

(2014年10月発行、 978-4062779449)

第3巻

(2014年11月発行、 978-4062779593)

第4巻

(2014年11月発行、 978-4062779609)

第5巻

(2014年12月発行、 978-4062779616)

第6巻

(2014年12月発行、 978-4062779623)

第7巻

(2015年1月発行、 978-4062779630)

第8巻

(2015年1月発行、 978-4062779647)

SHARE
EC
Amazon
logo