審神者

審神者

朝霧の巫女(漫画)の用語。読みは「さにわ」。

登場作品
朝霧の巫女(漫画)
正式名称
審神者
ふりがな
さにわ
関連商品
Amazon 楽天

概要

能力者の呼び名。現世と黄泉の境界を壊し、行き来が出来るようにする能力を持つ人々を指す。元々は、神を招き託宣を承る為に砂を撒き掃き清めた場所「沙庭」の事を指した言葉である。後に神を祀る斎場の意から転じて「沙庭」において神託を審察する者、『サニワビト』の事を指すようになった。

登場作品

朝霧の巫女

天津忠尋は、母である天津結実の置き手紙を読み、従妹である稗田柚子ら姉妹が住む広島県三次市に引っ越す。しかしその日から、乱裁道宗による妖怪の襲撃を幾度となく受け、主上と呼ばれる敵の主が、自身の審神者とし... 関連ページ:朝霧の巫女

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
朝霧の巫女
logo