尸良

無限の住人(漫画)の登場人物。読みは「しら」。万次とはライバル関係。

  • 尸良
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
無限の住人(漫画)
正式名称
尸良
ふりがな
しら

総合スレッド

尸良(無限の住人)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

無骸流の一員。もともと人殺しを生業にしており、百琳より遅れて無骸流に加わった。残忍無比な性格で、四肢を切断して動けなくしてから嬲り殺すことを好む。逸刀流を壊滅させるという目的で万次とは共闘していたが、殺しがエスカレートして浅野凜まで手にかけようとしたため、万次によって右腕を切断されてしまう。

その後、無骸流を離れ、万次を仇として狙うようになった。切断された右手の骨を削って武器としており、その時の痛みで髪がまっ白になっている。また、過去に凶戴斗の恋人を惨殺したことにより、彼にも仇として狙われている。

登場人物・キャラクター

隻眼で背中に卍模様の入った着流しを着る。かつては旗本・堀井重信に使える同心だったが、堀井の不正を知り彼を斬殺、さらに追っ手九十九人をも返り討ちにしたことから「百人斬り」の名で呼ばれるようになった。お尋...

関連キーワード

『無限の住人』に登場する集団。逸刀流撲滅を目的として、幕府の新番頭・吐鉤群によって集められた。いずれも死罪を言い渡された罪人たちで、逸刀流の剣士を狩ることを条件に罪を不問にされている。また、逸刀流一人...

登場作品

江戸時代中期、すべての流派の統一を掲げる剣客集団・逸刀流に、両親を殺された少女・浅野凜は、不死の肉体を持つ剣士・万次を用心棒として雇い、仇敵である逸刀流統主・天津影久を追うこととなった。時を同じくして...