川上 龍太郎

川上 龍太郎

蒼き炎(漫画)の主人公。読みは「かわかみ りゅうたろう」。大山 竹蔵とはライバル関係。

登場作品
蒼き炎(漫画)
正式名称
川上 龍太郎
ふりがな
かわかみ りゅうたろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

『蒼き炎』の主人公の1人。初登場時は17歳。明治時代中期に地主の長男として生まれた。頭脳明晰で将来を嘱望されたが、画家を目指す。同じ日時に生まれた小作人の息子大山竹蔵が描く絵に衝撃を受け、友人となりライバルとなる。大山竹蔵 と共に上京し、自らは東京美術学校に入学し白馬会賞を受賞するが辞退。

日露戦争後、東京美術学校を退学してニューヨークに渡る。以後、パリ、ウィーンと渡り歩いて絵の修業に励むが、大山竹蔵と偶然の再会を繰り返し、彼の描く絵に対峙して、その都度衝撃を受ける。日本の画壇の現状に飽き足らず、新しい潮流を起こすことに情熱を燃やすが、禁欲的で頑固な面がある。

日本に帰国後は青龍画塾を開設する。

関連人物・キャラクター

大山 竹蔵

『蒼き炎』の主人公の1人。初登場時は17歳。小作人の長男。川上龍太郎と同日同時刻に産声をあげた。貧しい生活ながら絵を描くことが好きで、特に女性の裸体に無類の才能を発揮する。奔放で自由に絵を描くことを望... 関連ページ:大山 竹蔵

登場作品

蒼き炎

明治時代中期、当時の日本画壇の枠に収まらない二人の青年画家川上龍太郎・大山竹蔵の激動の生き方を描く。実在の画家や歴史上の人物が多数登場する。 関連ページ:蒼き炎

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
大山 竹蔵
logo