市原 有生

月と湖(漫画)の登場人物。読みは「いちはら ゆうせい」。市原一菜とは親族関係にある。

  • 市原 有生
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
月と湖(漫画)
正式名称
市原 有生
ふりがな
いちはら ゆうせい

総合スレッド

市原 有生(月と湖)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

市原一菜の祖父で小説家。すでに他界している。締切が迫ると、まわりの人に八つ当たりしたり、落ち込んだりするやっかいな性格の持ち主だった。愛妻家として知られていたが、死後、水原透子との恋愛を綴った私小説「月と湖」が発見される。出版された「月と湖」は、一時「純愛」ブームを巻き起こし、話題になった。

登場人物・キャラクター

祖父は小説家・市原有生だが、彼の書いた小説「月と湖」は読んでいない。小柄な高校3年生。テニス部で先輩だった松下航太と付き合っている。だが、松下航太が高校を卒業してからは、だんだん心が離れていくのを感じ...

関連キーワード

『月と湖』に登場する私小説。市原一菜の祖父市原有生の作品。湖のほとりに立つ別荘で、結婚したばかりの男が、近所の女性と恋に落ちる物語。女性のモデルは水原透子。作者の死後、原稿が発見された。出版されると、...

登場作品

高校3年の少女市原一菜は、祖父の書いた小説「月と湖」に出てくる祖父の不倫相手・水原透子の世話をしに水原の家に出かける。実際の水原は健康的なおばあさんで、不倫相手には見えない。最初は気が進まなかったが、...