志摩 廉造

青の祓魔師(漫画)の登場人物。読みは「しま れんぞう」。

  • 志摩 廉造
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
青の祓魔師(漫画)
正式名称
志摩 廉造
ふりがな
しま れんぞう

総合スレッド

志摩 廉造(青の祓魔師)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

祓魔師養成機関の祓魔塾に通う塾生。戦闘時は分解型の錫杖(キリク)を使用する。 明王陀羅尼宗の僧正血統である志摩家の七人兄姉の五男坊。勝呂竜士の父・勝呂達磨の弟子にあたり、勝呂竜士三輪子猫丸とは幼馴染の関係。基本的には面倒くさがりで、本性を見せないような飄々とした性格をしている。

登場人物・キャラクター

祓魔師養成機関の祓魔塾に通う塾生。金のメッシュやピアスをしている見た目とは裏腹に、真面目な努力家で成績優秀。京都の由緒ある寺の後継で、祓魔師集団の明王陀羅尼宗の座主血統者である。志摩廉造と三輪子猫丸の...

関連キーワード

『青の祓魔師』で、主人公・奥村燐たちが通う祓魔師の養成機関。正十字学園の内部にあり、塾生たちは学園に通いながら放課後になると祓魔塾へと向かう。授業科目は悪魔薬学、悪魔学、体育・実技などさまざま。奥村雪...

登場作品

生まれてすぐ孤児となった双子の奥村燐と奥村雪男は、育ての親である藤本獅朗が神父を務める南十字男子修道院で育った。中学卒業後の進路に悩んでいた奥村燐は、ある日悪魔の存在を知り、自身が魔神・青焔魔(サタン...