斉藤さん

斉藤さん

正義感が強く、悪いことを見逃せない主婦・斉藤さんが、身近な問題を体当たりで解決していく姿を描く。2015年より、続編『斉藤さん もっと!』も連載されている小田ゆうあの代表作。

概要

つい最近家を新築して郊外の住宅地に越してきた主婦・真野若葉は、正義感が強く、間違ったことを誰にでも指摘するために周囲から煙たがられている斉藤全子と出会う。正しいことをするためなら友達なんか要らないと言い放つ斉藤さんも、自分を慕う若葉に友情を覚えていく。斉藤さんと一緒にいる中で母親として徐々に成長していく若葉。

更には若葉だけではなく、周囲の人も斉藤さんの影響を受けて変化していくのだった。やがて、斉藤さんの息子・潤一と若葉の息子・尊が小学校に入学するときがやってきたが、そこは問題の巣窟。斉藤さんは、またもや様々な悪いことに全力で立ち向かっていくのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

単身赴任中の夫と、幼稚園児の息子・斉藤潤一を持つ専業主婦。正義感が強く、間違ったことは訂正しなければ気がすまない性格。正しいことを言っているのだが、歯に衣せぬ物言いと口うるさいことから周囲からは煙たが... 関連ページ:斉藤 全子

最近家を新築して郊外の住宅地に引っ越してきた専業主婦。我が弱く、八方美人なところがある。前の家では息子の尊が問題を起こしたため、ママ友達からいじめをうけていた。越してきた後は、再び孤立をしないよう周囲... 関連ページ:真野 若葉

こばとようちえんのママ友達の中で、ボス的な存在。問題が起こることを極端に嫌うことなかれ主義であり、口うるさい斉藤さんを敵視している。娘のかおりに幼稚園のころから多くの習い事に通わせる教育ママでもある。... 関連ページ:三上

小倉

斉藤さんのママ友達。気が小さく、引っ込み思案な性格。息子の佳也が、真野尊にいじめられた時、斉藤さんに救われたことをきっかけに親しくなる。同じ小学校に息子を通わせたことから斉藤さん、真野若葉とも親交が続き、斉藤さんに振り回されながらも彼女に協力をしている。元エステティシャンという経歴を持つ。

妹尾 聖子

斉藤潤一や真野尊の小学校1年時の担任教師。学年主任も兼任しているベテランの女性。以前は教育に熱心だったが、父兄の協力がない状態が続いたため無気力になっていた。しかし、斉藤さんの正義感に影響を受け、再び生徒に向き合うようになる。

安西 磨沙夜

姫路から転校してきた、斉藤潤一や真野尊より4学年上の生徒。買い食いや暴力など、素行の悪さが目立つ。親に躾けられたことがなく、何が悪いことなのかを良く理解していない。ふとしたことで潤一と尊と仲良くなり、それをきっかけに斉藤さんに躾けられることになる。

斉藤 潤一

斉藤さんの息子。斉藤さんの教育によって、真面目で素直な性格に育った少年。母親がママ友達から孤立しているせいで友達が出来なかったが、真野若葉の息子・尊とはすぐに意気投合して親友となった。正義感の強さは母譲りであり、間違ったことは臆せずに言う勇気もある。

真野 尊

真野若葉の息子。やんちゃで暴れん坊なトラブルメーカーであり、幼稚園で問題を起こしたことで真野家引越しの原因を作った。おとなしい性格の斉藤潤一とは気が合い、初めて会った時から無二の親友となる。

立花 知佐子

斉藤潤一や真野尊が通う小学校の、PTA教養委員を務める保護者。主婦でありながら読者モデルとしても活躍するほどの美貌を持っており、己の美しさを磨くことに余念がない。その一方で他人を見下すことが多い。母親としての意識も全くといっていいほど無く、娘のことを放置しがち。

斉藤 雪彦

斉藤さんの夫で、斉藤潤一の父親。普段は海外に単身赴任している。穏やかで優しいが頼りがいがあり、斉藤さんとは心から信頼しあっている仲。外国生活が長いためか、人前で斉藤さんにキスをしたり、真野若葉に信頼の意味でハグをしたりとアメリカ的。

真野 透

真野若葉の夫で、真野尊の父親。明るく、どこか抜けたところがある。しかし、考え方はしっかりとしており、思いつきで行動することが多い若葉をしっかりとサポートしている。

泉 温之

斉藤さんが通うスポーツジムのインストラクター。若き美青年で、主婦からの人気が高い。護身術の心得があり、一度斉藤さんにレクチャーをしたこともある。斉藤さんが人妻であることを知りながらも、彼女に恋心を抱き続けている。

斉藤 笑

斉藤さんと斉藤雪彦の間に生まれた第二子。兄の潤一とは年が11離れている。斉藤さんが40歳を超えての高齢出産で、帝王切開で誕生。名付け親も斉藤さん。

集団・組織

阿久津高校

『斉藤さん』に登場する学校。住宅街の近くに存在する高校。素行が悪い生徒が多く、近所の悪評が非常に高い。通称・悪校。こばとようちえんの夏祭りでは、毎年のように万引きやごみのポイ捨てなどを繰り返していた。... 関連ページ:阿久津高校

SHARE
EC
Amazon
logo