明松 当

明松 当

エラヅヨの殺し屋(漫画)の登場人物。明松一族当主とは親族関係にある。

登場作品
エラヅヨの殺し屋(漫画)
正式名称
明松 当
関連商品
Amazon 楽天

概要

明松一族当主の息子。賢く素直な子だが体力がなく、全身の関節が外れやすい。次期当主を決定する麻雀では、事前に勉強していたため他二人より上手だが、驚くと全身の骨が外れるという弱みを見せた。神森の麻雀に魅せられ弟子入りを希望するが、断わられる。

関連人物・キャラクター

明松一族当主

明松一族の二十三代目当主を決める囲碁の勝負で勝ち、当主となった。名前は不明。頭はいいが虚弱な息子のため、二十四代目決定戦に麻雀を選ぶ。山で神森と出会い、彼が雀士と知って審判を依頼する。 関連ページ:明松一族当主

関連キーワード

明松一族

『エラヅヨの殺し屋』「平家の末裔たち」に登場する組織。九州に逃れた平家の落武者を起源とする、山奥に住む一族。三十年に一度、何らかの勝負事で当主と本家を決め、敗れた者の家は分家として本家に絶対服従を強い... 関連ページ:明松一族

登場作品

エラヅヨの殺し屋

えらい強いと評判の殺し屋神森神介は、大物政治家の依頼で仕事をこなすが、いつもその後の麻雀で報酬を失っていた。そのため生活は困窮し、妻子は次々と病死してしまう。神森は五年の修業で凄まじい麻雀の腕を身に着... 関連ページ:エラヅヨの殺し屋

SHARE
EC
Amazon
logo